NSAのハッキング報道に対して、Gemalto社が自社製SIMは「安全」と主張

次の記事

企業のちょっとした質問、マクロミルのモニターが素早く回答する「ミルトーク」


米NSAおよび英GCHQに暗号化キーを盗まれたと報じられているSIMカード製造会社、Gemaltoは、NSAから漏洩したとされる文書の内容に反して、同社の製品は安全であると主張した

オランダ、アムステルダムに拠点を置く同社の態度は強気、もしくは大胆だ。本日(米国時間(2/23)発行された声明文は、初期調査の結果同社製品は安全であると言っている。

初期の調査結果は、既にGemaltoのSIM製品(並びに銀行カード、パスポート、および他の製品、プラットフォーム)が安全であることを示しており、会社が明確な経済的不利益を受けるとは考えていない。

水曜日(米国時間2/25)にはより詳細な情報が得られるだろう。同社は同日の現地時間10:30からパリで記者会見を開き、調査の全容を詳しく説明する予定だ。

報道によるとGemaltoは年間2億枚以上のSIMカードを製造し、世界600社以上と取引きがある。先週同社は、英国および米国のスパイ機関が暗号化システムに侵入し、同社製SIMカードを使っている無数の携帯電話ユーザーの情報にアクセスできる可能性が生じたことに、気付いていなかったことを認めた。

The Interceptは、Glenn Greenwaldが運営し、Pierre OmidyarのFirst Look Mediaが支援しているニュース機関であり、NSAの告発者エドワード・スノーデンの漏洩情報に基づいて、先週このニュースを特報した。

同記事や他の続報に対して、オランダ側は反発し詳細説明を求めているが、一方でプライバシー擁護派は情報漏洩の重要性を重視する。

Electronic Frontier Foundations[電子フロンティア財団]のMark Rumoldは、先週TechCrunchの取材に、暴露内容は「著しく重要である」と答えた。

「事実上NSAとGCHQは、世界中のあらゆるモバイル通信を解読できる鍵を手に入れた。そこには地域キャリア(少なくともある程度、諜報機関の行動をチェックする役割を持つ)の介入すら必要がない。これは、同機関が世界数百万、数億の玄関の鍵を複製し、必要とあればいつでも侵入できるようになったのと同じ意味だ。率直に言って、人々は世界中のモバイル通信への信頼を失った」と彼は付け加えた。

Gemaltoはこのまま押し切れると考えたいのかもしれないが、同社のビジネスはすでに問題の兆しを見せている。オーストラリアの電話会社は暴露の調査に入っており、セキュリティーの懸念を受けSIMカードの大量リコールを命ずる可能性がある。

悪評は取り付く。業界や消費者の意識に宿る不安を取り除くためには、当事者の社内調査による「問題なし」の自己診断では不足だ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook