iPhoneとAndroid Wearウォッチがつながった!ジェイルブレイク不要

次の記事

Apple、さらに多数の絵文字をサポート、ガジェットのアイコンもアップデートへ


iPhoneを持っているけどAndroid Wearウォッチが使いたい? 残念! GoogleとAppleは、スマートウォッチの焦点をそれぞれのプラットフォーム向けに絞っていて、クロスプラットフォームへの配慮はできる限り遠避けようとしている。

幸運にも、世界には物事を正すことのできる才気あふれる作り屋がいる。ここに、世界初のiPhone-Android Wearコネクションのビデオを紹介する。ジェイルブレイクは不要だ。

MohammadAGは、多くのAndroidモジュールを開発した多作のデベロッパーで、iOSからMoto 360に通知を送る方法を見つけだした。

何がすごいかって? MohammadAGのiPhoneはジェイルブレイク〈済み〉(Messageのアイコンがバウンドしているのがわかるだろう ― あれはジェイルブレイクの仕業だ)であるにもかかわらず、このアプリにはジェイルブレイクが不要であることだ。

MohammadAGによると、モジュールはPebbleウォッチが使っているのと同じANCSプロトコルを利用しており、これはiOS 7以来iPhoneに組み込まれている。ウォッチ上で動くカスタムAPKが、通知を待機している。この方法によるiOS-Android Watchの互換性は、基本的な通知のサポートに限定される ― しかし、そこが出発点だ、そうだろ?

残念ながらMohammadAGはウォッチアプリを一般公開する予定がないので、これは一回限りの出来事だ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook