Apple、永続的データベースのFoundationDBを買収

次の記事

プロッター萌え必見 ― 4種のお絵かきロボットに変身するmDrawBots登場


AppleはFoundationDBを買収した。高速永続的NoSQLデータベースに特化した会社だ。

FoundationDBサイトの注意文には、同社のデータベースソフトウェアはダウンロードできない、と書かれている。買収の金銭的条件は明らかにされていない。CEOのDavid Rosenthalは、元Omnitureのエンジニアリング担当副社長で、COOのNick LavezzoおよびDave Schererと共に2009年に会社を共同設立した。

FoundationDBの魅力は、ACID準拠トランザクションを扱うスピードと、強力なスケーラビリティーにある。FoundationDBは、2012年のTechCrunch Disrupt SF でブースを開き、同社の近代的NoSQLデータベースへのアプローチと、「NoSQL, YesACID」のモットーについて本誌で紹介した 。FoundationDBの最新エンジンについては、本誌コラムニストのJon Evansが昨年末に報じたように、毎秒1440万回の書き込みまでスケールアップしている。imag1829

FoundationDBのブログ記事には、最新エンジンについて次のような書かれている。

現在(2014年12月)のAWS(非スポット)プライシングで、エンタープライズFoundationDBの料金は、全480コア、24時間完全サポート付きでわずか150ドル/時。その1時間の間に、このメガクラスターは540億回の書き込みを行い、書き込み単価は3ナノドル。言い換えれば、FoundationDBは1セント当たり360万回の書き込みができる。

つまり。高速低価格な永続性データベースの会社がAppleに買収された。これは、AppleがApp Store、iTunes Connect、あるいはiTunes in the Cloudのためにサーバー側テクノロジーを強化する目的の買収である可能性が高い。アプリ数百万本、ダウンロード数十億回のストアにとって、改善の余地があることは間違いない。

もちろん、Appleには大規模テレビサービスの噂が常にあり、一部報道は今年中に開始されると主張している。その規模でビデオ配信を行うためにはシステムの強化が必須であることは、今週本誌がMLBのメディア責任者と議論したばかりだ。

Appleのクラウドサービスの信頼性とスピードは、7億台のiPhone ― さらに数百万台のiPadやMac ― を売りその全部がiCloudを使っている今、いっそう重要になっている。

「Appleは時々小さなテクノロジー企業を買収しており、一般にその目的や計画については議論しない」とAppleは本件についての質問に答えて言った。FoundationDBには、コメントを求めているがまだ返事はない。

FoundationDBは、2度のラウンドにわたりSV Angel、Sutter HIll およびCrunchFund(CrunchFundのパートナーであるMichael ArringtonはTechCrunchを設立した)から2270万ドルを調達した。

本稿の一部は、Jon Evansの寄稿による。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook