アプリ
migraine
health app
healint

偏頭痛の原因をスマホで解明する「頭痛ログ」、GREE Venturesなどから約1億円を資金調達

次の記事

F8:FacebookのAquilla大型太陽光ドローンはインターネット接続を万人に提供する

世界では10億人が偏頭痛持ちだと言われているが、その原因はよくわかっておらず、抑制する薬もあるが根本的な解決にはなっていない。シンガポール発のHealint社は、この原因をスマートフォンアプリで解明しようとしているスタートアップだ。患者がアプリで記録した症状を、世界中の患者の症状ビッグデータと照合することで、偏頭痛の原因を特定する。例えば、睡眠時間が短か過ぎる、 アルコールの飲み過ぎ、といったことがわかれば、生活習慣を個人個人で改善すれば偏頭痛の症状を予防することができるはずだ。

Healintは日本で「頭痛ログ」のAndroidアプリを提供していたが、本日3月27日にiOSアプリをリリースした。TechCrunch Japanはこれを機会に来日したCEOのフランソワ・カディウ(Francois Cadiou)に話を聞いた。彼によると、日本人はアプリを長期的に使ってくれると言い、膨大なデータを取得できるのではと期待しているようだ。

Healintはこの来日で、Wavemaker pacific (DFJ network)、GREE Ventures、Shinryoku、エンジェル投資家などから計110万シンガポールドル(約1億円)あまりを調達完了している。

healint01

healint02

偏頭痛が起こる原因は複合的で人それぞれ

偏頭痛は頭痛とは違うものといわれている。頭痛は何か体に疾患があって、それが原因で起こるが、偏頭痛は違う仕組みで起こる。その原因は個人個人で異なり、スポーツをしてホルモンが出過ぎて起こるとか、コーヒーとストレスでなる人もいる。ある日、花粉がトリガーとなり偏頭痛になった人もいる。また、偏頭痛を抑制する薬の飲み過ぎ、例えばイブプロフェンの飲み過ぎなどによっても起こる。

notebook02従来は患者がどんなときに頭痛が起きたかを細かく紙媒体に記入し、医師が小規模な統計データを取っていた(右の写真のような手帳)。Healintは、こうした紙媒体のやりとりをアプリで実現するものだ。解析システムと直結して、世界中から症状データを取得できるようにしている。

既に海外ではアプリがリリースされていて、米国では通院しているクリニック等で使用を勧められてアプリをダウンロードするケースが多いという。アプリ内で症状を報告する項目はかなり詳細にわたるが、むしろ患者は「これでも足りない、もっと詳細に記録すべきだ」と訴えているほどだという。Healintのアプリは現在全世界で5万ダウンロードされている。

花粉、季節、気温や大気汚染も要因

Healintによるビッグデータの解析は始まったばかりだが、それでもいくつかの事実はわかってきた。 花粉、季節、気温の変化等がファクターになっていることがわかってきている。また、大気汚染もファクターになっている可能性があり、現在解析を進めているところ。まだサンプルが少ないという。以下はこれまでに分かった日本の利用者の偏頭痛の傾向を示すインフォグラフィックだ。

JP-VS-WORLD_JP

Healintでは、偏頭痛の症状のビッグデータ解析により世界のどこで偏頭痛が起こっているのかをマップにできる。しかし日本ではデータがないので、今のところ真っ黒になっている。ここをもっと詳しく調べてみたいとHealintでは考えているという。 国内では「頭痛ログ」と同様なアプリがいくつかある。Pockeの「頭痛~る」は、頭痛と気圧が関係するという仮説のもと、気圧が通常より大きく下がるときにグラフ上に表示してお知らせする。スリーエースの「頭痛 web ノート」は、偏頭痛患者がスマートフォンに登録した頭痛履歴を、医師が確認できるアプリ。Plusrの「頭痛ノー ト」は突発的に起こる頭痛の頻度や程度、誘因や前触れ、服薬記録を行えるアプリ。

父親の脳卒中がキッカケで起業

photo01フランソワが起業したのは、彼の父親が脳卒中で2度倒れたことがきっかけだった。不随になった父親を、緊急時にどうしたら助けられるか。そう考えたフランソワは、脳卒中になった瞬間でも、スマホを振るだけで緊急事態を知らせるアプリを自前で開発。それは「ShakeIt」というアプリサービスだったが、その後の偏頭痛アプリ開発につながった。

フランソワは日本に交換留学したことがあり、卒業後フランス製薬会社大手Sanofiに勤務し、新薬開発のための統計データのマネージメント等を担当した。その流れでヘルスケアにフォーカスしてきたという。

その後、Healint社を立ち上げるため、最初ベンチャーキャピタルに相談したが全く聞き入れられずに苦労した。紆余曲折を経て、ヘルスケア分野のマーケティングプロフェッショナルと機械学習プロフェッショナルを共同創業者に迎え、JFDI等から資金調達したと いう。

この事業のビジネスモデルでは、患者からでなく、製薬会社等企業から資金を得るようにしている。製薬会社からバイアスはかからないのかという質問に対しては、それは製薬会社トップの人物を見極めてやっていて、誠実な企業としか取り引きしないという。

ビッグデータによる偏頭痛の解析というビジョンのほか、今後医療方面のデータ活用はどう進展いくのだろうか? 彼によると、これからヘルスケア分野ではプレシジョン・メディスン(Precision Medicine)がもっと発展していくという。プレシジョン・メディスンとは、がんや希少疾患を対象として、「ゲノム情報・環境要因・ライフスタイル」が「健康維持・疾病発症」にどのように影響するかを調べ、個人個人にあった治療法や発症予防法を開発するものである。

(Hiroki Takeuchi / POYNTER CEO Ph.D)