OnePlus
oxygenos

OnePlusがAndroidの独自フォークOxygenOSを立ち上げ…基本に戻って軽量高速化を強調

次の記事

必要な処理のすべてをWeb上のREST APIにやらせるIoTボードOnion OmegaはRaspberry Piの1/4のサイズ

スマートフォンのメーカーOnePlusがこのほど、OxygenOSの最初のバージョンをリリースした。それはAndroid Lollipopのフォークで、同社のスマートフォンOnePlus Oneに搭載される。

OnePlusが独自のオペレーティングシステムを作る、というニュースは1月に報道された。それは、Cyanogenとのパートナーシップが破綻したためだ。

今回のリリースを語る同社のブログ記事は、Cyanogenとの違いとして“基本に戻る”と“必須機能に絞り軽量化”を掲げている。それにより、パフォーマンスと電池寿命を重視した、という。一部、引用しよう:

独自のオペレーティングシステムを作ることによって、ユーザからのフィードバックに迅速に対応でき、また、未来においてもOnePlusの基本的な操作感などを変えないことが、容易に実現できる。OxygenOSの目標は、有意義なアップデートをより早く提供し、すべてのOnePlusユーザにより良い内蔵サービスを提供することにある。

 

上のデモビデオは、オフスクリーンからのジェスチャコントロールや、設定の素早い調整、ファイルマネージャなどの主要機能を強調している。

OxygenOSはここからダウンロードできる。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa