Apple Watchの“初期のローンチ期間”の販売はオンラインのみに限定

次の記事

アイスタイルとエキサイト、インキュベイトの3社、女性特化のスマホ動画広告事業に向け新会社

Apple Watchを買う人の列は、仮想の列になる、少なくとも最初のころは。同社の今朝(米国時間4/9)のプレスリリースによると、Apple Watchの注文の初期の一定数は、iOSデバイスのApple StoreアプリケーションとオンラインのAppleストアサイトでのみお受けする。

Appleの小売部門のトップAngela Ahrendtsが、Apple Watchのプレセールを発表するプレスリリースでこの計画を確認した。プレセールは4月24日の公式発売より前の4月10日に、店内試用やデモと並行して始まる。プレスリリースの中の声明文で、Ahrendtsは次のように述べている:

できるだけ多くのお客様に最良の体験と選択をご提供するために、Apple Watchの初期のローンチ期間には、注文はオンラインでのみ受け付ける。

具体的には、Appleは公式発売日までの予約注文を同社のオンライン小売販路を使って集める。そしてその後は、顧客は事前予約なしで同社の物理店舗で購入できる。後者によりiPhoneの発売日にはつねに、長い列ができた。今週初めにリークされたメモによると、AhrendtsはApple Watchの購入者が店頭に列を作ることなく、オンラインで十分な時間的余裕をもって製品を入手することを、勧奨していた。

24日以降も何日間かは、オンラインのみという制限が適用されるのか、Appleに問い合わせてみたが、今のところプレスリリースの内容以上の情報は得られていない。物理店舗で飛び込みのお客さんが買えるようになるタイミングは、初期の需要の大きさと、この新しい売り方の成功如何にかかっているのだろう。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa