“オーディオのYouTube”SoundCloudがコンテンツの有権状態を追跡するZefrとパートナーして売上増に本腰

次の記事

アウトドア地図アプリ「YAMAP」が栄冠、B Dash Campプレゼンバトル「ピッチアリーナ」

音楽ストリーミングのSoundCloudは今、できるだけ多くの曲から、広告や有料化による収益を上げたいと努力しているが、その努力の一環としてこのほど、このサイト上でどの曲がいつ聴かれているかを知るための重要なパートナーシップを結んだ。これからパートナーZefrの力を借りて同社は、どんなコンテンツがいつポストされて、いつ聴かれているかを逐一知ることができる。

今日の発表声明には詳細が乏しいが、Zefrはパートナーシップのねらいを、“このプラットホーム上の共有の様相をよく理解すること”、と述べている。今両社に、パートナーシップによって具体的に何をするのか、Kobaltのような著作権管理サービスの関与は今後あるのか、など、いくつかの質問を送っているので、答が得られ次第この記事をアップデートしたいが、今すでに明らかなのは、これが今後の売上増大策の一環であることだ。

SoundCloudの協同ファウンダでCEOのAlexander Ljungは、声明で次のように述べている: “SoundCloudはレーベルとアドバタイザーズのための成熟したプラットホームとして進化を続けている。Zefrと協働することによりSoundCloudは、デジタルオーディオビジネスにおける強力なプレーヤーになるための次の一歩を踏み出した”。

このパートナーシップは、ZefrとSoundCloudの両方のビジネスにとって重要だ。

Zefrは、YouTubeのパートナーとして、このビデオネットワークにポストされるビデオの著作権の有無の状態を調べ続けた。同社の旗艦サービスContent IDとBrand IDは、音楽や映画のストリームだけでなく、Cokeのような製品まで判定する。NascarやレーベルとしてのSonyなども顧客にしているZefrは、各月に2億7500万のオンラインビデオと、それらの310億あまりの視聴を調べているという。

とはいえ、これまでZefrにとってはYouTubeが唯一の、メジャーなストリーミングプラットホームのパートナーだった。しかし同社は、昨年IVPからの3000万ドルの資金を獲得したとき、今後はGoogleのビデオ部門に限定されずに、メディアストリーミングやソーシャルメディアなど、そのほかの成長企業に対する顧客開拓努力に資金を使っていく、と声明した。SoundCloudは、その声明以降同社が発表した最初のパートナーだ。もちろん、今後ほかにも出てくるはずだが。

SoundCloudは“オーディオのYouTube”と呼ばれることもあるから、それはお似合いのカップルでもある。

SoundCloudはこれまで、1億2300万ドルあまりの資金調達を公表しており、もっとも最近発表された2014年の数字では1億7500万のアクティブユーザがいる。その後も成長が続いているから、今はもっと多いだろう。

しかしながら、その成長には、昨年の決算報告にも見られるように、高い費用が伴っている。

2013年度の決算では、Soundcloudの売上は1120万ユーロ(1410万ドル)で、2012年度の800万ユーロから40%の増加だ。しかし同じ時期に経常損失は倍増し、2012年度の1240万ユーロから2013年度には2310万ユーロ(2920万ドル)になった。

ということは、同社はさらなる投資を必要としているはずだ。実際に今、12億ドルの評価額で1億5000万ドルの資金調達を進めているという報道もある。しかし、それではなぜ、そんなときにSoundCloudは収益化のための新しい技術(Zefr)を導入しようとしているのか?

コンテンツビジネスの日々の詳細な内情を追跡するZefrのようなパートナーを得たことによって、SoundCloudは主なコンテンツオーナーたちとの交渉がやりやすくなる。今現在は、SoundCloudとコンテンツのライセンス契約を結んでいるメジャーなレーベルはWarner Musicだけだが、Warner Musicは、SoundCloudのストリームからお金を得ている唯一のレーベルではない。ではそもそも、他社は今後、このサービスからコンテンツを引き上げたり、コンテンツの提供を控えたりするつもりなのか? それを避けるためにSoundCloudは何をすべきか?

Zefrの協同ファウンダZach Jamesは、今日の声明の中で次のように述べている: “Zefrは長年、権利管理におけるリーダー企業であり、SoundCloudはファンがコンテンツをシェアする活気に満ちたプラットホームだ。そのファンのアクティビティを正しく利用するやり方を見つけることは、SoundCloudとその音楽レーベルのパートナー、およびパブリッシャーにとって利益である。SoundCloudがコンテンツクリエイターやアドバタイザーズにとって積極的に利用したいプラットホームになるために、弊社の技術と専門知識が活かされることは、まことに欣快至極である”。

SoundCloudの企業サイズはYouTubeに比べてずっと小さいが、しかしユーザの滞在率や再訪率はきわめて高いことが実証されている。同サイトにアップロードされる音楽やそのほかのオーディオコンテンツの量は、毎分12時間ぶん以上にも達する。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa