イーロン・マスクのSpaceX、ロケット打ち上げは成功―Falcon 9は艀に激突、今回も再利用はならず

次の記事

この秋、ギター・ヒーローに新バージョン登場―大観衆相手に1人称視点でライブ演奏が楽しめる

SpaceXはISS(国際宇宙ステーション)への補給ミッション、CRS-6を東部時間午後4:10に発射する。この発射は昨日行われる予定だったが気象の悪化により延期されていた。NASAによれば、「本日、打ち上げに適した気象条件になる確率は60%」とのこと。

補給ミッションはSpace Xが開発したFalcon 9ロケットが用いられ、SpaceX Dragonが周回軌道に投入され、ISSと会合して食料その他の物資を補給する(この中にはArkyd 3衛星が含まれる)。SpaceXはまた打ち上げブースターを海上の艀に着陸させて再利用する2回目の実験を行う。

UPDATE: ロケット発射成功。

Screen Shot 2015-04-14 at 4.21.32 PM

UPDATE 2: Falcon 9ロケットとDragon補給機の切り離しに成功。

UPDATE 3: 海上の艀への着陸を待つ。

UPDATE 4: SpaceXのCEO、イーロン・マスクは下のツイートでFalcon 9の回収に失敗したことを発表した。ロケットは無人操縦の艀に着陸したが、速度が速すぎて再利用できる状態では回収できなかった。しかし多くの貴重なデータが得られたはずだ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+