HowAboutWe

マッチングサービスのHowAboutWe、「オンデマンド」でのデート相手検索にも対応開始

次の記事

GoogleのビッグデータサービスCloud Dataflowが公開ベータで一般利用可に、BigQueryはヨーロッパゾーンに対応

スタートから5年となり、デートサービスの大手であるIACに買収されたHowAboutWeが、新機能を搭載してモバイルアプリケーションのリニューアルを行った。それに伴い価格も見直されている。最も変わった点は「Tonight」機能の実装だ。この機能を使って、デート相手を「オンデマンド」で探すことができる。

Tonightはオプトイン形式で提供されるようになっている。デート相手を探したい人が、デート開始の時刻を入力すると、HowAboutWeがオプトインした利用者の中からマッチしそうな相手を探してくれる。5分ほど(iTunesの説明には「LESS THAN FIVE MINUTES」と書いてある)で相手が見つかり、HowAboutWeからプッシュ通知が送られてくる。気に入りそうな相手が見つかれば、ダブルタップしてデート相手の候補者とすることができる。

マッチングについてはHowAboutWe側でさまざまな要素を考慮して行われるようになっている。そして候補が決まればテキストメッセージのやりとりができるようになる。但しこのメッセージはHowAboutWeの番号を通じて行うようになっているので、いきなり相手に電話番号が伝わってしまうようなことはない。

他にも追加された機能がある。

HowAboutWeではこれまで、デート相手の候補者を画面をスワイプしながら探していた(この機能はPoolと呼ばれる)が、新たに「Connections」という機能が加わった。HowAboutWeが「可能性の高いマッチング相手」を日々リストアップしてくれるようになったのだ。また身長や宗教などの条件をつけて相手を検索する機能もできた。

尚、無料で利用できるサービスが広がったのも興味深いところだ。これまではメッセージのやり取りをするためには有料版にアップグレードする必要があった。今回のバージョンアップから、無料版のままメッセージをやり取りすることができるようになった。

まとめると、新しい版ではメッセージのやりとりが無料でできるよういなり、従来型のマッチングサービスに加えてTonight機能も使えるようになったわけだ。但し、システム側からマッチング相手としてリストアップされていない相手にメッセージを送ったり、あるいは条件付き検索を行う場合には有料版にする必要がある。

有料版の価格は、月額10ドルから月額20ドル(申し込む利用期間により異なる)となっている。

昨年6月にIACにより買収されたHowAboutWeにとって、これが新しいスタートとなる。共同ファウンダーのBrian Schechter曰く、より便利なTinder風サービスを意識しているのだとのこと。Tinderではメッセージのやり取りが頻繁すぎて、便利さよりも面倒くささが勝ってしまっていると感じているのだそうだ。

HowAboutWeはこちらのサイトからも利用できる。

  1. haw-tonight-onboarding_lookbook_profile-1_dates.png

  2. haw-tonight-onboarding_lookbook_profile-1_photos.png

  3. haw-tonight-onboarding_lookbook_profile-20.png

  4. haw-tonight-onboarding_matched_text.png

  5. haw-tonight-onboarding_opt-in_a.png

  6. haw-tonight-onboarding_phone.png

  7. haw-tonight-onboarding_push-1.png

  8. haw-tonight-onboarding_push-3.png

原文へ

(翻訳:Maeda, H