Google、ネス湖のストリートビューを公開

次の記事

Disneyの研究所は、電気でなく音波に反応するボタンを発明

今日からちょうど81年前、Daily Mail紙はネス湖の怪獣として現在最も有名な写真を掲載した。未確認動物学におけるこの特別な日を祝して、Googleは今日(米国時間4/20)この著名な湖のストリートビュー画像を公開した。ネス湖の23マイルにわたる湖面および一部の水中画像をストリートビューで探索できる。

Googleによると、ネス湖の検索回数はバッキンガム宮殿よりも多い。おそらくそれは、王族が優雅な午後の紅茶を楽しむことを妨げるものではなく、ネス湖伝説の尽きることのない魅力を表しているのだろう。

いつも通り、GoogleはCatlin Seaview Surveyとチームを組んで水中画像を撮影した。

あなたが暗く濁った水の愛好者でない限り、ネス湖には見るべき水中風景が殆どない。

嬉しいことに、Catlinチームは殆どの画像を半分水に漬った状態で撮影してくれたので、実に美しい眺めが写し出されている。

そして、このGoogleの画像でネッシーを見つけられる可能性は低いので(私の知らないイースターエッグがない限り)、みなさんにはこれをお届けする。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook