大統領選に出る元Hewlett-PackardのCEO Carly FiorinaがDisrupt NYに登場

次の記事

クラウド上のIDE Nitrous.IOが企業ユーザ向けのProバージョンをローンチ

[筆者: Sarah Lane]
二週間後に行われるDisrupt NYでCarly Fiorinaがスピーチする。ステージで彼女とお話をする名誉をたまわったのは、誰あろう、ほかならぬこの娘(こ)*であります。〔*: 本稿の筆者。〕

タイミングが最高だ。今朝はThe Wall Street Journalが、Hewlett-Packardの元CEOは5月4日に大統領選に正式出馬する、と報じた。本誌TechCrunchのDisrupt NY(5月4-6)のステージに登場するのは、その翌日だ。

これはFiorinaの初めての政界進出ではない。2008年には共和党のJohn McCainの大統領選でアドバイザーを務め、2010年にはカリフォルニア州から選ばれる合衆国上院議員の共和党候補に指名されたが、民主党の現職議員Barbara Boxerに敗れた。80年代〜90年代前半はAT&Tに在籍、その後同社からのハードウェア系技術系スピンオフLucentに移り、1999年から2005年までHPのCEOを務めた。Fortune 50企業の女性トップは彼女が初めてで、HPをもっとも利益の多い企業の28位から11位に押し上げた。

共和党の候補が出馬の宣言をするのは、5月の第一週が多いらしい。共和党党員であるFiorinaは、まずインターネットで出馬宣言をする、と噂されている。同じ日に元神経外科医のBen Carsonも出馬を表明する。元アーカンソー州知事Mike Huckabeeは今月の初めごろ、大統領選出馬に関する決定を5月5日に発表する、とFox Newsに語っている。このほか、Ted Cruz、Rand Paul、そしてMarco Rubioらが共和党からの出馬を表明している。

民主党は、今のところ大統領選に出ると発表したのはHillary Clintonだけだ。したがって2016年の女性候補者は(今のところ)二人だけである。ま、それはどうでもいいことだけど、私がFiorinaにぜひ聞いてみたいのは、テクノロジと政界の両方の経験者であることを、自由世界のリーダーになったとき、どのようなアドバンテージとして活かすつもりか、ということだ。

Disrupt NYでFiorinaがスピーチするステージには、FCCの委員長Tom WheelerやYahooのCEO Marissa Mayerらも前後して登場する。

開催期間は5月4日から6日まで、場所は由緒あるManhattan Centerだ。チケットはまだある

画像クレジット: Getty

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa