アプリ

Twitter、Android版にて1日の「まとめ」を表示する「ハイライト」機能を提供開始

次の記事

長年自己資本オンリーだった“行為へのクラウドファンディング”GoFundMeが$500Mの評価額で資金調達へ

多くの人をフォローするようになると、すべてのツイートに目を通すのはほぼ不可能となる。そんなケースにも対応できるよう、Twitterが新しい機能をリリースした。まずはAndroid版での実装となっている。

今年初めにもTwitterは「ご不在中のできごと」(While You Were Away)という機能を実装して、見逃してしまっているであろう人気ツイートをフィードのトップに表示するようになった。Twitterの狙いは、フィードが流れていく中で見逃してしまった、面白そうなコンテンツを見つけやすくしようということだった。Twitterをずっと眺め続けていなくても、面白い話題をすべて見逃してしまうわけではないことをアピールしようとしているわけだ。

今回リリースされた「ハイライト」(Highlights)は「迅速かつシンプルなまとめ」を提供するものだとのこと。ハイライトはオプトインとなっていて、オンにした場合は1日に最高で2度の通知がくるのだそうだ。通知をタップすればハイライトモードとなり、知人のツイートやトレンドの中でも、話題になったツイートをまとめて見ることができる。ハイライト画面を閉じれば普通のTwitterに戻る。

Twitter曰く「ハイライトのコンテンツは、あなたがフォローしている人々の中で話題になっているアカウントや話題などをチェックして作成されます。いつもメンションしあっている相手のツイートや、あるいはあなたのいる場所ないし仲の良い人の間で話題になっているトレンド情報、話題になっている人物に関するツイートなどが表示されるようになります」とのこと。

「ハイライト」機能は、「設定」メニューからアカウントを選び「モバイル通知」を選んで、そこで表示されるチェックボックスをチェックすれば利用することができる。Android版での状況をみた後、他プラットフォームへの導入を検討していくとのことだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H