Appleの現金保有高、1940億ドル[約23兆円]に

次の記事

超音波でワイヤレス充電を可能にするuBeamは本物だ。戦略的パートナー企業を厳選中

Apple、世界で最も価値の高いこの企業の保有する現金は:1940億ドル[約23兆円]になった。

これは、同社の現金、現金相当物、短期有価証券、および長期有価証券を足し合わせると計1940億ドルになるという意味だ。現金は定義が曖昧な用語であるが、ここでは企業の機能的に換金可能な価値を測るために用いられている。

Appleは私が知る限り他のどの企業よりも多くの現金を持ち、その大部分を様々な長期商品に投資している。それはAppleがあまりにも裕福であるため、1600億ドルを長期証券に注ぎ込んでも、まだ会社運営その他を維持できるだけの現金を世界中に持っているからだ。

Appleはその現金を様々な場所に貯蔵しているが、一方で負債も増やしている。Appleの長期借入金は昨年9月27日締め四半期終了時の289.9億ドルから、現在の400億ドルへと増えている。

いったいなぜAppleほど裕福な会社が借入れなどするのか?すべては、現金を使うためのコストによる。Appleの現金はその多くが海外に保管されているが、株式購入などのためには国内資金を使用す。Appleは米国で滑稽なほど低い利息で資金を借りる ― マクロ環境がこの種の行動を著しく有利にしている ― ことによって、海外の現金を本国に送還することで課せされる高額な追徴税を避けることがてきるのだ。

決算報告書の中でAppleは、同社の「資本還元プログラム」を2000億ドル以上へと50%以上拡大することを投資家に伝えた。Appleは自社株買いおよび配当を利用して株主に現金を還元する。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook

フォロー

新しい投稿をメールで受信しましょう。

現在348人フォロワーがいます。