Teslaの3000ドルの壁かけソーラー電池で家庭の電力をすべてまかなえる

次の記事

安倍総理がイーロン・マスクと会談、「シリコンバレーの文化を取り込む」と新プロジェクトにも言及

Teslaといえばほとんどの人が車を連想するだろう — とってもクールな車を — 。でも、同社はもっとでかいことを考えている。今日(米国時間4/30)、CEOでファウンダのElon Muskが、‘Tesla Energy’というものを発表した。商用電力への依存をやめて、太陽エネルギーに切り替えよう、という同社の新しい事業部門だ。

Tesla Energyの最初の製品’Powerwall Home Battery’は、家庭で使用するすべての電力を商用電力なしでまかなう、据え置き型のバッテリーだ。それは充電可能なリチウムイオン電池で、Teslaの既存のバッテリー技術で作られている。それを家の壁に固定すると、電気の利用をめぐる厄介な問題のほとんどから、おさらばできる。

MuskはTesla Energyの発表記者会見で、“これまでの電池は値段が高くて信頼性がなく、あらゆる点で良くない”、と述べた。

彼の言うTeslaのソリューションは、違う。

まず、同社のバッテリーは10kWhが3500ドル、7kWhが3000ドルだ。 あの、異様にお高くとまったApple Watchの価格と比較してみよう。Teslaのバッテリーは合衆国ではすでに予約を受け付けていて、最初の出荷は“夏の終わりごろ”だそうだ。

ふつうのバッテリーと同じく、複数使ってもよい。最大9つを並列できるが、それだけあれば相当強力で頼りになる電源だ。Muskによると、途上国の人びとを助けることができるし、これまで電気が来なかった僻地でも、待ちわびることから卒業できる。電話が、世界の僻地では陸線より(電池を使用する)モバイル重視になっているのと、パラレルな状況になる。

models-powerwall

壁に取り付けた’Powerwall Home Battery’, 前景のTeslaの車は関係ない

Tesla Powerwallは太陽エネルギーで充電するが、並行して既存の商用電力会社への売電も可能だ。売電益で商用電力から充電してもよい。その場合、充電器は電気料金の安い時間帯を自動的に選んで充電を行う。あるいは安い時間帯には家庭で一般商用電力を使用し、太陽エネルギーを貯めたバッテリーを予備電源として温存する使い方もありえる。

汚いエネルギーに別れを告げることは、宇宙旅行と同じく壮大なプランだが、Muskは実現を信じている。彼によると、バッテリーパックが1億6000万あれば合衆国全体が再生可能エネルギーに移行でき、9億あれば世界中が移行できる。また、世界中の車がクリーンエネルギーで走る可能性もある。

“これは、人間にできることの範囲内にある”、とMuskは述べる。“不可能ではなく、われわれにできることだ。でも、ほかの企業の参加が不可欠だ”。

Teslaのパテントは今後もずっとオープンソースなので、他の企業を十分に助けることができる、と彼は言った。

Teslaの記者会見はすべてソーラー由来の電力が使われ、虚飾も誇張もなく、単刀直入でシンプルだった。最近はやりの、派手々々のプレスイベントとは、大違いだ。

Muskは、スタイルの良い電気カーを実現し、SpaceXでは宇宙探検を市場化しようとしている。Tesla Energyも、多くの人びとの理解を超えたプロジェクトではあるものの、Muskの構想どおりに実現したら今後の大きな変化の起爆剤になるだろう。

〔訳注: 家庭用ソーラーの蓄電バックアップは、イギリスですでに政府主導でパイロット事業が行われている。そのうち、どこでも提供するようになると思うが、もちろん勝敗の鍵はコストパフォーマンスのイノベーション。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa