SurveyMonkey CEOデイブ・ゴールドバーグが急死

次の記事

国の研究所からスピンアウトしたスタートアップDescartes Labsは衛星画像の分析データを農業分野などに売る

シリコンバレーとテクノロジー界は、Dave Goldbergのあまりに突然の死を深く悲しんでいる。 彼は長年の起業家・投資家、SurveyMonkey CEO、Facebook COO Sheryl Sandbergの夫、父、そして多くの人々の友であった。訃報は、弟RobertのFacebook投稿によって昨日伝えられた。

「言葉にならないほどのショックと悲しみを、素晴らしい兄Dave Goldbergを知る友人と家族に伝えなければならない。Sheryl Sandbergの最愛の夫であり、素晴らしい子供たち二人の父、そしてPaula Goldbergの息子、Dave Goldbergは昨夜突然亡くなった。この悲しみの時、彼の死を悼み、いかに素晴らしい夫、父、兄、息子、そして友人であったかを思いだす」

彼は、Sherylと子供たちが、Daveの思い出や写真をシェアするのにDaveのFacebookのページを使って欲しいと言っていることを付け加えた。ページはすぐに、非常に心を打たれる思い出と写真でいっぱいになり、Daveの人柄の証となっている。

Daveがテクノロジー業界で大きい存在であった理由の一つに、彼が非常に多くの顔を持ち、そのすべてに長けていたことがある。

彼はデジタル音楽業界の黎明期に非常に重要な役割を担い、自ら設立した音楽コンテンツサービスLaunch Mediaは、後にYahooに買収された。

その後Yahooの音楽ビジネスを率いる幹部として、当時世界で最も多く利用されたオンライン音楽プラットフォームを立ち上げた。彼は他のスタートアップにも積極的に投資を行い、多くの人々がその優れたアドバイスを求めた。

SurveyMonkeyでDaveは、会社を地理的だけでなく戦略的にも新たな領域へと導いた。

2.5億ドルの調達ラウンドの後、彼はSurveyMonkeyをオンライン調査を通じたデータ収集という基本的アイデアに留まらない、企業ビッグデータの特定の関心事やタイムリーな分野へと進出する製品を手がけていた。Benchmarksなどの新製品は、例えば、企業が調査で得た生データからすぐに使用可能な感情情報を抽出することによって、より深い分析を可能にした。

私がDaveに初めて会ったのは、2013年に彼がSurveyMonkeyのロンドン支社設立準備のために当地を訪れた時だった。私は、彼の死について書いている他の人々ほどDaveのことを知らない(彼の弟の投稿以外に、FortuneRe/codeに素晴らしい記事が載っている)

Daveは誰にでもすぐに好かれる、人をホッとさせる人物だったと思う。私は何を質問してもよいらうな気がした ー SurveyMonkey、ビッグデータの将来、新しい会社についての意見、あるいはロンドンの不動産価格。質問が何であれ、彼の答は聞く価値があり興味深かった。

死はいつもつらいが、あまりに突然で悲しすぎる(適切な時期などあるのか?)。Dave Goldbergの家族に対し、TechCrunchスタッフ一同から深い哀悼の意を表する。

【日本語版関連記事:デイブ・ゴールドバーグ・インタビュー―デジタル音楽ビジネスのチャンピオンが2009年にYahooを辞めてSurveyMonkeyを始めたわけ

原文へ
 
(翻訳:Nob Takahashi / facebook