ビデオの内容をテキストデータに変換するVu DigitalのVideo-to-Dataはマーケター待望のツール

次の記事

Nikola Labs、空中から電気を集めるiPhone 6ケースを発表

Vu Digitalが、Web上のビデオをユーザが見る前に、それが何であるかを分かるための技術をローンチした。

同社の開発担当VP B. Wade Smithによると、最近のインターネットはビデオがとても増えているから、それを一々見なくても事前に内容が分かるデータ…テキストデータ…を提供することがますます重要だ。

SmithがデモしてくれたVu DigitalのVideo-to-Dataプロダクトは、ビデオの画面を分析して、その中にあるオブジェクトを同定し、それらを時系列的に並べたデータを作る。音楽、対話、顔、ロゴ、テキスト、グラフィクス、などなどと。

Smithによると、そうやって作られたテキストデータは、ビデオの作者でもパブリッシャーでもマーケターでも、誰でも利用できる。目的も、それを操作・処理するためのツールもさまざまだ。SEOにも利用できるし、個人化やターゲティング、それにそのビデオの“ブランド価値”を判断するためにも使える(ロゴや製品などの登場頻度から)。

Vu DigitalはC Spire Wirelessの子会社で、メディアやエンタテイメント関連のスタートアップを育てるアクセラレータSprockitに参加している。

vu digital collections

同社は最初、Webの個人化を提供するサービスとしてスタートしたが、Smithによると、“最近ますますビデオが氾濫しているが、ビデオはタグ情報が不十分なので、ロングテールに向けた細かい個人化やリコメンデーションができない”、ことに気づいた。そこで同社は、何もかも投げ捨てて、ビデオ専業へと路線変更をした。

Microsoftのように、早くも2011年にビデオ検索企業を買収したところもあるが、でもSmithに言わせると、Vu Digitalみたいに画面の中の何でも見つける、しかも高速に処理を行うコンペティタはまだ存在しない。

“うちのコンテンツの検索結果やCTRやトラフィックを改良するために実際に役に立つビデオデータを提供してくれるツールは、Video-to-Dataが初めてだ”、とWeatherNationのVP Tim Kellyが今日のプレスリリースで述べている。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa