1ヶ月に1億ものユーザーがVineを視聴しているが、マネタイズの計画はまだ先とJason Manteが語る

次の記事

Apple、サードパーティー製バンドを作るための “Made for Apple Watch” プログラムの詳細を発表


Twitterが、巨大で盤石なユーザーベースを誇るVineを保有している。そこから利益を上げることはまだ計画にないと、Vineのユーザーエクスペリエンスを率いるJason Manteは、TechCrunch Disrupt NYのステージで話した。

「いつか利益を出したいとは、もちろん思っています」とManteは言った。「今のところVineは、素晴らしいプロダクトを作ることだけに集中しています。Vineはまだ2歳で、若いのです。エクスペリエンスを改善して、良いものに仕上げたいと考えています」。

Manteは、モバイルとウェブから1ヶ月で1億ものユーザーがVineの動画を視聴していると話した。Twitterも昨年の暮れに数値を公表している。Twitterは2012年にVineを買収したが、その時はまだプロダクトはできていなかった。

Manteは、彼らの目標はテレビを代替することではなく、またInstagramも競合ではないと話した。Vineは、「面白いストーリーを伝えるのに障害となる要素を排除すること」が目標で、意図的にアプリの機能を限定しているとManteは説明した。Vineには、動画を切ったりつなげたりするための編集ツールがある一方で、Instagramの動画編集ツールは、フィルターをかけるツールが豊富に揃っている。

  1. jason-mante16.jpg

  2. jason-mante15.jpg

  3. jason-mante14.jpg

  4. jason-mante10.jpg

  5. jason-mante5.jpg

  6. jason-mante4.jpg

  7. jason-mante1.jpg

また、Vineの動画は毎日10億回ほど、ループ再生されていると伝えている。Manteは、この指標は、Vineのプラットフォームを計るのに自然なものだと話した。「投稿された動画コンテンツが1、2回視聴されることもあれば、ユーザーがその動画の虜になって、何回も何回も視聴する場合があります」。

Vineは盤石な動画クリエーターのネットワークを構築している。彼らはVineに動画を制作するに留まらず、制作した動画から利益を得ている。Nicheのようなプラットフォームのおかげで、Vineのスタークリエーターたちは、ブランド企業とつながることができ、スポンサーを受けてコンテンツの制作も行っている。Twitterは、Nicheを今年の初めに買収している。

「私たちは、その2つの市場の間に位置するエンターテイメントネットワークだと考えています」と彼は話した。

[原文へ]

(翻訳:Nozomi Okuma /Website/ twitter