liquidity
DigitalGenius
スタートアップ

TechCrunch Disrupt NY 2015の勝者は…浄水システム「Liquidity」に決定

次の記事

Google、ウェブサイト表示の高速化サービス、PageSpeedを閉鎖へ―CloudFlareに敗北?

今年のDisrupt NYスタートアップ・バトルフィールドはすばらしかった。はじめに24の優れた会社が複数グループの業界リーダーたちから成る審査員の前でプレゼンを行う。参加したスタートアップは賞金5万ドルと誰もが欲しがるDisruptカップを目指して争った。

数時間にわたる慎重な審査の後、TechCrunch編集部が審査員のメモを塾読し、リストを以下のファイナリスト7組に絞った:生命細胞3Dプリンター、BioBots、魔法のようなハードウェアアクセラレーション技術、BitFusion.io、高度なセキュリティーを持つ認証ソリューション、Cloudwear、カスタマーサービス向け人工知能、DigitalGenius、浄水フィルター、Liquidity、バッテリー技術、Nucleus Scientificおよびウェブサイト作成サービス、PageCloud

7社は以下の本誌ファイナルジャッジの前でデモを行った:John Borthwick (Betaworks), Dennis Crowley (Foursquare), Eric Hippeau (Lerer Hippeau Ventures), Alfred Lin (Sequoia Capital), Rich Miner (Google Ventures), Brian Pokorny (SV Angel) and Alexia Tsotsis (TechCrunch)。

Disrupt SFスタートアップ・バトルフィールドの参加申し込みは6月中に開始される。質問はメールでSamantha O’Keefeまで:(sam@techcrunch.com)。

そして、TechCrunch Disrupt NY 2015バトルフィールドの勝者は・・・

優勝:Liquidity

Liquidityは水を浄化するシステム。このボトルは非常に精巧な密度のメッシュ状繊維を使用している。バクテリアは捕獲されるが水は通過する。フィルターの2~3ヵ月に1度交換すればよい。同社はこのフィルターを他の製品向けにライセンス供与する計画だ。低価格で実用的で効率が良い。これは15年間にわたる特許取得済みの大学における研究成果でもある。受賞に値する内容だ。

Liquidityの詳細は本誌の別稿を参照されたい。

  1. liquidity-finals10.jpg

  2. liquidity-finals5.jpg

  3. liquidity-finals4.jpg

  4. liquidity-finals3.jpg

  5. liquidity-finals7.jpg

  6. liquidity-finals6.jpg

  7. liquidity-finals9.jpg

  8. liquidity-finals8.jpg

  9. finals-judges2.jpg

  10. finals-judges3.jpg

  11. finals-judges1.jpg

  12. techcrunch-disrupt5.jpg

次点:DigitalGenius

DigitalGeniusはカスタマーサービスのための人工知能。例えば、テキストメッセージを使って何かを購入することができ、本物の人間と会話しているように感じる。他にも、サポートの自動化、塔乗の自動化、機械対機械コミュニケーション、店内体験のカスタマイズ等様々な応用が考えられる。舞台裏で動いている質問分類モジュールが実にすばらしく、時間と共に確実に賢くなっていく。

DigitalGeniusの詳細は本誌の別稿を参照されたい。

  1. digital-genius-finals1.jpg

  2. digital-genius-finals2.jpg

  3. digital-genius-finals3.jpg

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook