activité
withings

孤高のスマートウォッチWithings Activitéは生き残るか?

次の記事

エビソルの予約台帳サービス「ebica予約台帳」が多言語対応、インバウンド需要見込む

Apple Watchがスマートウォッチのニュースを独占しているけど、あれよりも前からスマートなウォッチがたくさんあったことを、忘れてはいけない。そして、その、いろいろ登場したものの中では、私は今でもWithings Activitéに深く深くハマっている。

魅力的、という形容詞が似合う唯一のスマートウォッチが、たぶんActivitéだ。Apple Watchのファンたちがコメントで私を叩くと思うけど、でも私の気持ちは変わらない。 Activitéは、Apple Watchよりもスタイリッシュなウォッチだ。そして、機能もほどほどだ。

Activitéはその名のとおり、ユーザのアクティビティを追跡する(ほんとに)。一日に歩いた距離と、燃焼カロリーを記録するし、睡眠追跡機能があるし、振動による目覚ましもある。内蔵アプリは、Withingsスマートスケール(体重/体脂肪計)など、そのほかのWithingsデバイスと情報をやりとりする。

Activitéは400ドルとお高いが、ややレトロでおしゃれなデザインだし、しかもアクティビティトラッカーとして、ひと通りの機能はある。

本誌TechCrunchの(ほぼ)ガジェット担当John Biggsは、好きじゃないみたい。でも彼は、Appleのファンボーイだから。 ¯\_(ツ)_/¯

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa