iOS 8.4

Apple、iOS 8.4ベータを公開―ミュージック・アプリのリニューアルは音楽ストリーミング開始の前触れか

次の記事

Googleに次いでMicrosoftも太平洋横断光ケーブルの敷設に投資―日中台との接続の高速化へ

Appleは、iOS 8の3回目のメジャー・アップデートであるiOS 8.4のベータ版を公開した。このアップデートでは音楽再生のミュージック・アプリの機能が強化され、UIがリニューアルされている。今回の音楽アプリの改良は、来月開催されるWDC(Worldwide Developers Conference)での発表が噂されているiTunes音楽ストリーミング・サービスの前触れではないかという観測もある。

われわれの記事も含め、多くのメディアはAppleは6月8日のWDCのキーノートで音楽ストリーミング・サービスを発表するだろうと考えている。AppleのストリーミングはSpotifyのサービスの直接のライバルとなるだろう。また昨年買収したBeats Musicをその一部に含むことになるはずだ。テクノロジー・ブログのRe/codeは最近、「Appleは有料サブスクリプション契約をプロモートするため1月から最大3月まで無料で楽曲サンプルの提供とサービスの試用が提供されるだろう」などと新サービスに関していくつかのスクープを掲載している。

新しいミュージック・アプリには一見したところではストリーミング・サービスに関連した機能は見当たらない。しかし新アプリには常時表示可能なミニプレイヤー、新しいプレイリスト、iTunesラジオへのアクセスの改良などが含まれている。このベータ版は機能の洗練とバグ潰しが主な目的のようだ。おそらく正式版のリリース時にストリーミング機能が実装されるのだろう。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+