tracking
Save Point
mugenup

MUGENUP、クラウドソーシングのノウハウ生かした進行管理ツール「セーブポイント」を公開

次の記事

Appleが開発者向けアプリ分析ツールApp Analyticsのベータ版をローンチ

ゲーム向けのイラストやマンガをはじめとしたクリエイティブをクラウドソーシングで制作するMUGENUP。同社は5月14日、制作管理ツール「セーブポイント」の提供を開始した。すでに11社への導入が決まっており、2015年度内にゲーム会社を中心として100社への導入を目指すとしている。アカウントやストレージ容量により、無料版や月額5万円のスタンダード版を用意。大規模組織向けにカスタマイズしたビジネス版も提供予定。6月末までに限定して、通常の無料版よりストレージ容量などを追加した「リリースキャンペーンプラン」を無料で提供する。

save

現在2万6000人のクリエーターをネットワーク化し、イラストなどをクラウドソーシングで制作しているMUGENUP。同社では「WORK STATION」と呼ぶ社内向けの制作管理ツールを利用することで短期間でクリエイティブを大量制作する体制を築いてきた。

イラストを制作するには、原画、塗りなど複数の工程があるが、MUGENUPではこの工程ごとに分業するかたちでクリエーターへの発注を行っている。

ただしその管理を、Excelで作ったガントチャートだけで行うには限界がある。そこでWORK STATIONを開発し、少人数のディレクターで膨大なクリエーターから最適な人材を配置し、進行を管理し…ということを実現してきたのだそうだ。MUGENUPによると、ディレクター1人あたりでハンドリングできる業務量は、ツール導入前と比較して200〜400%も増加するという。同社では、1人のディレクターが月間1200枚のイラストを進行・納品した実績があるそうだ。

 

その実績もあって、社外からWORK STATIONを自社に導入したいという声は何度もあったんだとか。セーブポイントはそういったニーズから生まれた、WORK STATIONをベースにした製品なのだそう。

セーブポイントでは、外注先の制作会社や個人クリエイターの一括管理にはじまり、データ保存とバージョン管理、納期のアラートやガントチャートなどの機能を提供する。

mugen02

MUGENUP CTOの伊藤勝悟氏に聞いたところ、これまでコミュニケーションはメールやSkype、チャットワーク、スケジュールやステータス管理はExcelやGoogle ドキュメント、ファイルの受け渡しはメールやファイル転送サービスといったように、それぞれ機能ごとに別々のツールを使っていた制作会社が多いそうで、分散されていた機能を一元管理できるという点で導入企業からの評価は高いという。

現在はイラストや漫画といった2Dのクリエイティブに特化しているそうだが、今後は3Dやアニメーションなどの制作環境にも対応していく予定だ。

savedata