Apple、バッテリー会社A123 Systemsと和解

次の記事

90年代に生まれたローカルのホスティングサービスAtlantic.Netが生き残りを懸けて21世紀を戦う

Appleは、マサチューセッツ州拠点のバッテリー会社A123 Systemsから上級従業員らを引き抜いたとする訴訟で和解した(via BBC)。A123の訴えの根拠は、AppleがA123と直接競合する自らの「大規模バッテリー部門」を作るために同社従業員を雇ったとするもの。

Appleのバッテリー部門に関する臆測は様々ある。同社が最新バッテリー技術をiPhone、Apple Watch等既存の製品ラインアップで利用していることは明らかだ。例えば新しいMacBookは、独特の傾斜したケースにフィットするデザインのバッテリーを採用した。しかしA123の専門知識はもっと大きなバッテリーにもわたっているようだ ― 例えば自動車用。

Appleの自動車開発に関する噂は、今年に入って関連する雇用者リストが詳細に調査されて以来、大きな話題となっている。A123の元スタッフも噂の拡散に貢献したが、その後この話題は比較的静かだった。

AppleとA123の和解に関する詳細は明らかにされていないが、Appleは以前この訴訟を無効化しようとして失敗している。A123 Systemsは2012年に破産申請しており、以来支払能力回復のために資産を清算してきた。今後もわれわれが和解内容を正確に知ることはないだろうが、おそらくAppleにとっては、A123から引き抜いた5名の従業員のための計画が表に出ないだけでも満足だろう。

Appleは本誌のコメント要求を拒否した。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook