SunriseのMeetは、カレンダー内蔵キーボード

次の記事

マーケティングデータを一気通貫で分析、「B→Dash」運営のフロムスクラッチが3億円調達

スマートフォンのカレンダーアプリとメールアプリを行ったり来たりして予定を決めている人は多いだろう。会議のスケジューリングは長年悩みの種だが、人気カレンダーアプリのSunriseは、新たな機能Meetでこの問題に取り組んでいる。これは、SunriseがMicrosoftに買収されて以来最初の主要リリースだ。

共同ファウンダー・CEOのPierre Valadeが最初にMeetのことを私に話したのは1年以上前だった。数々の試行錯誤を経てある興味深いデザインに落ち着いた。Meetは、AndroidおよびiOSのサードパーティー・キーボードとして動作し、使っているアプリを離れることなく日程を調べ相手に送ることができる。

私はMeetのいくつかのバージョンを見てきたが、それは興味深い製品ケーススタディーだった。まず、彼らはSunriseを効率的なスケジューリングツールにするためにチャット機能が必要だと考えた。2人にとって都合の良い日時と場所を決めるのに、話し合わないなどあり得ない。しかし人々は、GmailやWhatsAppやiMessageから乗り換えてはくれないだろう、ということでこのアイデアを諦めた。

しばらくの間、Meetは新しいアプリでもあった。起動するとフルスクリーンのカレンダーが表示される。何ステップかで空き時間と連絡先を選んでミーティングのリクエストを送信できる。当時Valadeは私に、ユーザーがミーティングのスケジュールを決めるのにキーボードを使わなければならないのはおかしい、と言っていた。

しかしiOS 8は、Sunrise Meetにとってとりわけ有用となる機能を導入した ― サードパーティー製キーボードだ。Meetの最終版は、キーボードに内蔵されたカレンダーだ。そしてこれが実に具合良く働く。

しくみはこうだ。メールを読んでいて誰かがあなたに会いたがっているとする。返信ボタンを押し、返事を書いたらSunriseキーボードに切り替える。カレンダーから都合の良い時間を選び完了を押す。Sunriseはリンクを生成してメールに追加する。そしてこれは、どのお気に入りメッセージングアプリでも他のどんなアプリでも同じように使える。

受け取った人がリンクをタップした時、2種類のシナリオがある。もしSunriseを使っていれば、Sunriseが起動されカレンダーに提案された日時が表示される。ユーザーは承認するか別の日時を提案できる。

受け手がSunriseを使っていない場合でも、会社はインストールを強要しない。単にブラウザーで日時を確認すれば受信箱に招待メールが届く。すべてがブラウザー内で進むが、体験はDoodleを使うよりずっと良い。

そして、日時の提案はリアルタイムで更新されるので、空いていたスロットに予約を入れれば、空きリストから消える。これは受け手にもわかる。
全体を通じてユーザー体験は非常に洗練され簡単に使える。実にうまくカレンダーとと統合されているので、私はあらゆるミーティングに今すぐ使いたい。これは会社を大きく成長させるツールではないが、Microsoftに1億ドルで買収された(TechCrunch調べ)ニューヨーク拠点のスタートアップにとって、今は心配することではないだろう。

デスクトップではあまりうまく働かないが、MeetはSunriseのウェブアプリやデスクトップアプリでも利用できる。今日のニュースは、MicrosoftがSunriseに力を入れていることを意味しているので、既存ユーザーは今後もカレンダーアプリのアップデートを期待できそうだ。

  1. 1-keyboard.png

  2. 2-time-selection.png

  3. 3-location-picker.png

  4. 4-event-duration.png

  5. 5-meet-done.png

  6. 6-meet-invite.png

  7. 7-meet-pick-time.png

  8. 8-meet-confirm.png

  9. 9-meet-confirmed.png

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook