Riftを動かすWindows PCの推奨仕様をOculusが発表、MacとLinuxは当分おあずけ

次の記事

子どもたちにプログラミングを教えるTynkerが、これからはロボットやドローンなどのデバイスも教材に

Oculus Riftの消費者向けリリースは、まだ先のようだ。最近の同社の発表によると、予約受付開始が今年の後半、発売は来年の前半だ。しかし今日(米国時間5/15)同社は、Oculus Riftのヘッドセットを駆動するPCの推奨仕様を発表した。これを見ると、来年のためにどれぐらい貯金しておかなければならないか、分かるだろう。

その推奨仕様は相当にハイエンドだが、でもここに書かれているGPUなどは1年後には旧型機になっているだろうから、値下がりも期待できる。Oculusによると、Riftを最高に楽しむためには、少なくとも下記ぐらいの仕様がおすすめだ。ついでに、必須要件も併記されている:

推奨

  • NVIDIA GTX 970 / AMD 290と同等または以上
  • Intel i5-4590と同等または以上
  • 8GB+ RAM

必須

  • Windows 7 SP1以降
  • USB 3.0ポート×2
  • HDMI 1.3ビデオ出力、ダイレクトアウトプットアーキテクチャにより297MHzのクロックをサポート

ブログ記事でOculusのチーフアーキテクトAtman Binstockが、これらの推奨事項の背景を説明している。まず、二つの2160×1200ディスプレイを90Hzで同時に駆動するのだから、GPUのパフォーマンスがとても重要だ。1080pのフルHDビデオの再生に必要な能力の、ほぼ3倍のGPU性能である。従来のデスクトップモニタでは、少々のフレーム落ちがあっても平気だが、VRでコマ落ちがあると相当に不快だ。

この仕様を満たすハードウェアは、今のところデスクトップPCだけで、残念ながらノートブックはアウトだ。またMacやLinuxは、今同社がWindows向けのRiftソフトウェアに忙殺されているので、当分お預けだ。

Binstockによると、MacとLinuxにも対応したいが、今のところ明確なスケジュールはない、ということだ。

MacとLinuxのゲーマーにとっては残念だが、とりあえずRiftの商用化を完成させるだけでも同社にとって相当なプレッシャーだろうから、しょうがないね。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa