AppleがGPS企業のCoherent Navigationを買収し、地図の精度向上を図る

次の記事

アーロン・ソーキンのスティーブ・ジョブズ映画、初の予告編はかなり『ソーシャル・ネットワーク』っぽい


Appleの地図アプリMapsのナビゲーション技術は、Google Mapsに遠く及ばない。iPhone所有者に聞いた所、住所を検索したり、向かう位置を確認したりするのに、Apple純正の地図アプリよりGoogleのアプリを好むと答えた人の方が二倍多いことを最近のComScoreの調査結果が示している。

Appleはこのアプリの使用率を向上に向けて動いた。グローバルに展開するこのテクノロジー大手は、今朝、高い精度のナビゲーションサービスを提供するCoherent Navigationを買収し、AppleのMapsチームに加わったことを発表した。

Appleは、Coherent Navigationを買収した時期と価格については明かさなかったが、Coherent NavigationのCEOである Paul G. LegoのLinkedInのページを見ると、5ヶ月前からAppleで勤務していると記載されている。

「Appleは、小さいテクノロジー企業を随時買収しています」とAppleはTechCrunchに文書で伝えた。「そして、その目的や計画に対しては、大抵の場合公示することはありません」。

ここ数年、Appleは自社の地図精度の向上を図るため、複数の地図関連のテクノロジー企業を買収してきた。今回の動きもその流れを汲んでいる。Appleは2013年にも地図スタートアップのBroadMap、EmbarkとHopStop.comを買収している。

[原文へ]

(翻訳:Nozomi Okuma /Website/ twitter