TechCrunchは今年で10歳!

次の記事

マイクロソフト、社内チャンピオンが世界と競う「ソリティア大会」を開催

Michael ArringtonがTechCrunchでスタートアップについて書き始めた時、ブームは始まったばかりだった。10年が過ぎ、今もわれわれは数多くの人々に影響を与えるこの業界を、独自の率直な視点から紹介している。

TechCrunchが買収(複数回)、トップの交代、大小のバブル、そして世界のジャーナリストからの猛攻の中を生き残った理由はたくさんある ― しかし何より大切なのはみなさん、読者のコミュニティーだ。

みなさんはがいつも私たちと一緒にいたおかげで、ここで仕事をすることを誇りに感じることができた。それは、祝福すべきものだと私たちは考えた。

われらがファウンダーが2005年に開催した第1回バックヤード祝賀パーティーに倣い、TechCrunchはブロギング10年を祝うピクニックをサンフランシスコで行うことにした。2015年6月6日、午後12~3時まで、Presidioでみなさんを歓迎する。私たちは移動式屋台とビールを用意するので、みなさんは毛布と友達を連れてきてほしい。人数が多いほど楽しい!

ファウンダーといえば、Arringtonおよび最初のCEO、Heather Harde、さらには共同ファウンダーのKeith Teare、西海岸TechCrunch編集チームを始めとする様々なメンバーが参加するので、家族親睦会のようになるだろう。チケットは20ドルでここから買える。お会いできることを楽しみにしている。

スポンサーのおかげでTechCrunchイベントは可能になった。本誌バースデーパーティーの屋台とビールのスポンサーに関心のある人は、sponsors@techcrunch.comまでメールをいただきたい。

【日本語版注:TechCrunch Japanは2006年にスタート、今年で9歳】

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook