マイクロソフト、社内チャンピオンが世界と競う「ソリティア大会」を開催

次の記事

相乗りサービスのLyft、同乗者の評価とメモの交換をテスト中

Microsoftがソリティアのトーナメントを開催するのだそうだ。Microsoft社内のベストスコアラーと、全世界の人が競う形となるようだ。なお、次のOSとなるWindows 10にはソリティアが復活することも既にアナウンスされている。

このトーナメントは、ウィンドウズにソリティアが搭載されて25周年となることを記念して行われるものだ。ソリティアくらい大したことはないと思う人もいるかもしれない。しかしなかなか本格的なトーナメントとなるようだ。

まずMicrosoft社内でのチャンピオンを決定します(社内トーナメントは18日より開催中)。そして6月5日月曜日より、25周年記念トーナメントにおけるチャンピオンの座をかけて、全世界の人と直接競うことになります。

クロンダイク、フリーセル、スパイダー、トライピークス、 そしてピラミッドなどすべてのソリティアゲームが対象で、得点の高い者が勝者となります。

賞品などの詳細に関する情報はない。もし賞品を何も予定していないということなら、個人的にサンフランシスコでのディナーないし酒5杯程度なら奢ってもいい。ただし危ない人はお断り。

ところでまだソリティアをプレイしている人なんているんだろうか?

原文へ

(翻訳:Maeda, H