アプリ
Microsoft Edge

Microsoftの新ブラウザ、Edgeは当面Windows版のみ

次の記事

アリババ、イスラエルのスタートアップの画期的QRコードを採用―ドットに邪魔されず画像を表示

今日(米国時間5/18)、Microsoftのブロガーが新しいブラウザ、Egdeについて、Windows 10以外のプラットフォームに提供する計画は当面ない とツイートした。私はMicrosoftに直接取材してこの方針を確認した。

MicrosoftがEgdeを他のプラットフォームに提供するつもりがないということは、いささか奇妙だが、重要な情報だ。Microsoftは近年、家宝ともいうべきOfficeアプリを他のプラットフォームに提供するなどクロスプラットフォーム化を積極的に進めてきた。一方でWindowsの覇権を全盛時なみに再度高めようとすると同時に、アプリとサービスを他のプラットフォームにも提供してシェアとユーザーを獲得しようという両面作戦だ。

その中で、Edgeの提供をWindows 10に限るという選択は、効率の観点からはうなずける。たとえば OS X向けのEdgeを開発したとしても獲得できるシェアはわずかだろう。そもそもOS Xのインストールベース自体がWindowsマシンに比べて少ない。モバイル・プラットフォームでもChrome、Safariなど既存のブラウザの支配が圧倒的だ。

Microsoftがブラウザ戦争で有利な戦いができる場所はWindowsだけだ。そこでEdgeはWindows 10専用ということになる。もしEdgeがモバイル・ブラウザとして明らかに最優秀だということになれば、Android版の開発も考えられる。しかしそういう可能性はそれほど高くなさそうだ。

このあたりがMicrosoftのクロスプラットフォーム戦略の一つの限界といえるだろう。ニ正面作戦の難しさがこういうところにも現れている。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+