AppleのHomeKit用アプリ”Home”には、バーチャルルームとApple TVハブが入るらしい

次の記事

Ossurが制作する義肢は、意識だけでコントロールできるようになる

AppleはHomeKitを近々、おそらく来月のWWDCまでに公開すべく準備を進めているようだ。このiOSデバイス向けソフトウェアを使うと、Appleの要求を満たす〈つながった〉ホームデバイスを制御し、”Home”と呼ばれるであろう中央制御アプリを通じて様々なデベロッパーツールを使用することができると、 9to5Macは報じている。これはHomeKitのユーザーインターフェースに関して、Siriを通じて対応ハードウェアを制御できること以外に得られた初めての情報だ。

HomeKit機能を制御する”Home” と呼ばれるユーザー向けアプリが存在することに加えて、9to5Macは同アプリの機能をいくつか紹介している。それによると現在iOSデバイスで動くAirPortアプリに似ているが、ネットワークに接続されたアクセサリーをより直接的に制御できるらしい。

アプリはローカルのHomeKitデバイスをワイヤレスで発見したり、バーチャルルームに基づいてアレンジする機能を提供するという。これは同社ウェブサイトの公式資料に書かれていた、ユーザー定義による「グループ」経由でデバイスを制御する機能に近いものと思われる。”Home” (仮称)アプリには、全HomeKitデバイスのハブとして働くと言われているApple TVを経由して制御する機能も含まれるようだ。

img_0225-2

Apple Watchアプリと同じく、Homeアプリは発見ツールとしても働き、HomeKitフレームワークに対応したハードウェアとアプリを一覧できるページがある。

HomeKitは、どちらかというと地味にゆっくりと立ち上がっていく機能だ。Appleは、公式提供が「今秋」にずれ込むのではという報道を受け、最初のいくつかのHomeKit対応デバイスは来月市場に出ると公表した。それでも、製品や機能が出揃うには時間がかかるだろう ― たとえHomeKitのためのハブ機能を持つApple TVが来月のWWDCで発表されたとしても。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook