9月のOculusの開発者カンファレンス「Connect 2」でRiftのローンチ情報が公表される予定

次の記事

Microsoft、Facebook、Google、Apple―オンライン音声通話を制するのは誰か?


Oculusは、 今年二回目となる、年に一度の開発者カンファレンスを9月23日から25日にかけて開催することを本日発表した。この大イベントは昨年9月に開催したイベントと同じように「Connect 2」と呼ばれ、Oculusの役員Michael Abrash、 John Carmack、Brendan Iribeらのキーノートのプレゼンテーションや「RiftとGear VRでローンチするために開発者が知っておくべきことの全て」が盛り込まれる予定だ。

この2つの仮想現実を体験できるコンシューマー向けハードウェアは、近々入手可能となる。Oculusは、Riftの正式なローンチのプレオーダーを年内に開始し、来年の早い段階には出荷する予定だと発表している。また、Samsungとパートナーを組んで開発したモバイルヘッドセットのGear VRのコンシューマー向けのバージョンも2015年内に出荷する計画であるということも認めた。

両方のデバイスの出荷する最終的なモデルかそれに近いものが、実用的かどうかの検証と評価を兼ねてイベントで登場することが予想される。ハードウェアのローンチ日から自分のソフトウェアを提供したいと考えている開発者にとっては、製品を試す絶好の機会となるだろう。Oculusがイベントまでに、他に開発者に対してのハードウェアのアップデートなどが特にないようなのもそう考える理由だ。

イベントの参加を検討している場合は、6月からConnectのオフィシャルページからチケット情報が掲載される予定だ。Oculusが進行中のプロダクト計画についての今までに無いほど最新情報が詰まった、期待の持てるイベントとなるだろう。パートナーシップといった重大発表などもありうるかもしれない。

[原文へ]

(翻訳:Nozomi Okuma /Website/ twitter