Keyboard
Apple

タイピングとタッチ入力を同じ場所(位置)でできるAppleのハイブリッドキーボードが特許を取得

次の記事

スマホ撤退説の渦中でSonyが国際市場にXperia Z3アップグレード機Z3+を投入、Z4は当面日本のみ

AppleInsider報ずるAppleのこのたびのパテントは、通常の打鍵とタッチの両方で入力できるキーボードだ。このハイブリッド設計により、ふつうにタイプしながら、必要ならタッチ入力もできるという、素晴らしい世界を体験できる。タッチしながら必要ならタイプもする、という言い方でもよろしい。

このパテントによると、各キーに容量性のタッチセンサを装着することにより、キーボードがスワイプやズームのような入力を検出する。MacBookの新しいトラックパッドに、そんな二段階入力ができるように。また、タッチとタイプ入力を同時にもできるので、両手にそれぞれ違う仕事をさせられる。

タイプするキーは、Apple独自の発明による、二段階キーである。つまりふつうのキーボードと、今のMacBookの新しいキーボードの二役を演ずる。最初の段階ではキーをふつうにカツンコツンとたたき、さらにそのあと、ぐっと押して第二のキープレスを実現する。MacBookのトラックパッドの場合と同じく、アプリケーションがこの二段階を正しく拾えば、非常に多様な入力信号が得られることになり、アプリケーションの機能性が増す。

しかしMacBookのキーボードのバタフライ方式がAppleの新しい方向性だとすると、このハイブリッド型は、製品として日の目を見ないこともありえる。あるいは、同じハイブリッドでも最新のForce Touchとの組み合わせなら、将来ありうるかもしれない。そちらの方なら、MacBook ProなどのProシリーズで有意な技術となるだろう。アプリケーションにおける、二段階キー入力の活用の場面も多いはずだから。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa