GoogleのCloud Test LabでデベロッパがAndroidアプリを、人気上位20機種の上でテストできる

次の記事

極小画面のデバイスでも人間の手の自由な動きで細かく制御できる新しいインタフェイス技術、Google ATAPのSoliプロジェクト

GoogleがデベロッパカンファレンスGoogle I/Oで今日(米国時間5/28)ローンチしたプロジェクトCloud Test Labは、文字通りクラウド上のテストラボで、モバイルアプリを全世界的に人気最上位のAndroid機20機種の上でテストできる。公開は今年の後半となっているが、パイロットプログラムへの参加は今からここで申し込める。

Android製品は多様化が激しいため、デベロッパ泣かせだ。数機種の人気機種でテストしてOKでも、そのほかの機種でOKとは限らない。デベロッパはスマートフォンやタブレットをつねに数機種手元に用意しているが、自分のアプリを種類のやたら多い最新機種や最新のアップデートのすべてでテストすることは、ほとんど不可能だ。

google-io-20150241

このTest Labでは、デベロッパは自分のアプリケーションをアップロードするだけで、あとはツールが自動的にそのアプリの各画面を調べていく。そしてアプリがクラッシュしたらクラッシュログを生成し、デベロッパにはビデオで、ユーザの目前で何が起こったかを見せる。

このサービスは今後、Google PlayのDeveloper Consoleから使えるようになる。さらに長期的には開発プロセスの中に、そのほかのテストサービスなどと一緒に統合していく予定だ。

この種の自動化テストサービスはすでにいろいろあり、たとえばXamarinは、1000種類のデバイスの上でユーザのアプリをテストする。ただし月額料金が1000ドルからだ。それに比べるとGoogleのは機種の数が少ないが、でも無料だ。

〔TechCrunch Disrupt New York 2015に出たNativetap。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa