Chromeは“重要でない”Flashコンテンツを自動的にポーズする

次の記事

Play StoreにAndroid TV用の新アプリが600以上追加

自動再生されるFlashコンテンツはラップトップの電池を干上がらせ、しかもそれが広告だったら人の神経にも障(さわ)る。そこでGoogleはAdobeとパートナーして、Chrome上のFlashをチェックすることにした。デスクトップ版Chromeの今日リリースされる最新のベータからChromeブラウザは、Google曰く“そのWebページにとって本質的でない”Flashアニメーションを自動的にポーズする。

うまくいけば、Googleがここでは重要でないとみなしたFlashコンテンツをポーズし、ユーザは自分が見たいと思ったビデオを見続けることができる。しかしGoogleのその判断が間違っていた場合は、ポーズされたビデオをクリックすればそれを再生できる。

2015-06-04_1221

これまでのChromeには、プラグインのコンテンツをすべて認める/すべて自動再生しない、のオプションしかなかった。

Googleは、このアップデートで“電力消費が相当に減る”と主張している。突然ビデオが自動再生されてびっくりすることも、なくなるだろう。短時間試してみたが、動作はGoogleの主張どおりで、CNNやNew York Timesのページで勝手にたくさんのFlash広告が動きだすことはなくなった。でもFlashを使っている広告はとても多いから、Googleにとっては微妙な決断ではなかったろうか。

この新しい機能はChromeデスクトップのベータチャネルで入手できる。安定バージョンへの実装は、もうすぐだそうだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa