finance

金融テクノロジーは、アフリカの現金経済をいかに破壊するか

次の記事

Live Rowingは、ボート漕ぎマシンで友達とレースができるアプリ

【編集部注:Tim CarterはFortumoの最高収益責任者】

地元のコーヒーショップやスーパーで、カードの代わりにスマートフォンで支払うことは、便利ではあるがクレジットカードと比べて特別便利ではない。一部の金融テクノロジー[フィンテック]分野では、TransferWiseやAzimoなど海外送金サービスのように著しい破壊現象が起きているが、他のイノベーションは、欧米ユーザーにとって少々表面的に感じる。

大陸全体にわたる10億人以上の人たちが商品やサービスを購入する方法を根本的に変えるチャンスがここにある。

その大陸はアフリカであり、平均年齢( わずか18歳)は世界で最も低い。アフリカには、有線インターネットのような、古いテクノロジーとインフラストラクチャーから移行する面倒がないため、進化が早い。その結果アフリカの人々は、完全モバイルインターネットを最新スマートフォンで使う環境へと直接遷移しつつあり、ケニアと南アフリカは世界有数の急成長スマートフォン市場だ。

郊外から都市部や隣国へと移行する大量の人々は、主として若い世代であり、新たの富の大部分を生みその多くを故郷の親戚に仕送りしている。そのための方法は、数百万人の人々にとって未だに複雑で不便だ。

しかし、しがらみのなさはアフリカが金融テクノロジーにとって未開のチャンスであることを意味している。金融IT製品やサービスが既存の3兆ドル規模の大企業と競合する欧米市場とは対照的に、アフリカでは根強い問題が伝統的銀行システムの普及を阻止している。 アフリカ人の80%はクレジットカードはもちろん銀行口座さえ持っていない ー しかし彼らは携帯電話を持ち、その多くがもうすぐ
スマートフォンになる。

現金しか選択肢がなく、自宅から銀行まで公共交通機関で長距離を移動して現金を得ていた消費者にとって、自分の資金をデジタルアクセスできることは直ちに利益となる。現行方法は効率が悪く安全面でも問題がある。他にも、個人識別、評判管理、債務執行、信用評価、保険、貯蓄などの金融製品の利用といった多くの問題がある。

これは、モバイルウォレットによって、代替銀行チャンネルが確立されつつあることを意味している。欧米のウォレット(殆どか金融機関によって運営されている)と異なり、アフリカのウォレットは、これを巨大に広めるために投資している携帯電話キャリアが構築している。アフリカではすでに1.83億人がモバイルウォレットを持っている。これは、米国Eウォレットユーザーの約3倍であり、米国の3倍の速さで成長している。

もし、その傾向が続けば、2021年までにアフリカ人全員がモバイルウォレットを持つことになる。

しかし、モバイルウォレットはアフリカ全体で断片化している。この断片化は、金融IT企業に多大な機会をもたらしている ー 断片化したEコマース基盤の構造を統一することだ。キャリアは地元に強く根を下ろしているが、国境を越えた支払い機能をほとんど持たない。これらのウォレットをネットワークで結ぶことは、参加者全員の利益であり、キャリア基盤に付加価値をつけ、商品の売り上げを増やし、消費者に選択と利便性をもたらす。

ローカルモバイルウォレットをグローバルネットワークに繋ぐことによって解決する問題をいくつか挙げる。

  • 国外送金:ヨーロッパだけで1000万人以上の故郷に親戚を持つアフリカ移民が住んでいる。海外送金に支払いサービスを利用することはできるが、その収集方式はデジタル時代では時代遅れだ ー 銀行口座を所有しているか送金場所に出向く必要がある。
  • 貧困者への直接寄付:寄付活動の中間業者をなくし、透明性を高めつつ、必要としている人々に従来よりずっと早く届ける。
  • モバイルコマースのオンライン支払い:ローカルウォレットをAmazonやeBayなどのグローバル商店と繋ぐことによって、少なく
    とも1億人以上の、携帯電話は持っているが銀行口座のない人々が買い物できるようになる。
  • 国際企業の給与支払い:Vodafoneはすでに、モバイルウォレットを使った給与支払いを実施ししている。遠隔地で働く海外労働者は、欧米諸国から給与を直接モバイルウォレットで受け取り、高額で時間のかかる電信送金を使う必要がなくなる。

殆どの金融IT企業はアフリカに焦点を当てておらず、それは有効なビジネスケースを構築するための既存インフラストラクチャーがないと認識しているからだ。しかし、キャリアはすでに基盤を持ち稼動中なので、それを拡張することによって、顧客獲得コストを下げユーザー維持率を改善することができる。

アフリカには、より良い金融テクノロジーソリューションに対する必要性と熱望がある。モバイルウォレットの急速な普及はその一つにすぎない。現金は、流通面の利便性をフルに生かすことができず、オンライン支払い機能もない。

アフリカに注力する金融IT企業は、一定の課題には直面するだろうが、事実上競争がない。アフリカの現金問題を解決することは、10億人以上の人々が次の成長の波へと飛び移るのを助けるチャンスだ。

原文へ
 
(翻訳:Nob Takahashi / facebook