WWDC:Appleの新開発者プログラムは、iOS、OS XとwatchOSツールを全て合わせて99ドルで提供

次の記事

WWDC:Apple WatchのネイティブSDKが公開され、ウィジェットの作成やセンサーへのアクセスが可能に


Appleは開発者プログラムを統合し、開発ツール、iOS、OS XとwatchOSのリリースに向けたソフトウェア開発のアクセスを一つにまとめる。プログラムの統一は開発者にとって喜ばしいことだろう。これまで、MacとiOSのプログラムは、それぞれに年間99ドルかかっていた。今回の統合により、その両方と新しいwatchOSのネイティブ開発ツールも使用できて年間99ドル利用できる。

既にiOSかMacのいずれかの開発プログラムに登録している場合、もうAppleはユーザーのメンバーシップを新しいプログラムへと移行を完了している。新しい利用規約と条件に同意すれば、全てにアクセスすることができる。また、それぞれの開発者ポータルページの自動更新プログラムも近々導入される予定だ。

新しい開発プログラムの概要はここから見ることができる。また、メンバーシップに含まれる内容はここから確認できる。既にメンバーとして登録していて、何が変更されたかを知りたい場合は、移行に関するガイドはここから見ることができる。チームの移行などについての情報が掲載されている。

[原文へ]

(翻訳:Nozomi Okuma /Website/ twitter