TwitterのCEO、ディック・カストロが辞任、共同ファウンダーのジャック・ドーシーが暫定後任に―株価は7%アップ

次の記事

Oculus、プレスイベントで製品版VRヘッドセットをお披露目―XBox Oneのコントローラーを同梱

数年前からユーザー数が伸び悩んでいたTwitterだが、先ほど、CEOのDick Costoloが7月1日付で辞任すると発表した。ただしCostoloは取締役としては留まる。新CEOが選定されるまで共同ファウンダーでSquareのCEO、Jack Dorseyが暫定CEOを務める。投資家に対して辞任の経緯を説明する カンファレンス・コールこのあと予定されている

Costoloの辞任のニュースに市場は好感し、Twitterの株価は時間外取引で7%アップした。6週間前の第1四半期の決算報告で売上が予測に届かなかったことが明らかになった後、Twitterの株価は18%も急落した。ユーザー数も3億200万人と直前の四半期から4.86%伸びに留まった。

Screen Shot 2015-06-11 at 1.28.51 PM

内心は不機嫌だったかもしれないが、若いころスタンダップ・コメディアンを経験したこともあるCostoloは「お帰り、ジャック」とツイートした。一方Dorseyは「両親を訪問」とツイーしている。

DorseyはTwitterの暫定CEOを務める間もSquareのCEOを続ける。Dorseyは2008年に共同ファウンダーのEv WilliamsらによってTwitterのCEOを降ろされ、Williamsが後任のCEO となった経緯がある。Dorseyは2011年にCostoloが就任したときにエグゼクティブ・チェアマンに就任した。

新CEOの選定委員会は、Twitterの筆頭社外取締役、Peter Currieが委員長で、最初期からの投資家Peter FentonとEv Williamsがメンバーとなる。

Costoloの投資家向け声明を下に全文エンベッドした。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+