Parrotがミニドローン13機種を一斉に発表、189ドル以下、99ドルもあり

次の記事

人気のJavaScriptフレームワークMeteorがデベロッパ企業Percolate Studioを買収してサポート付き有料プランを開始

Parrotは今週、同社の新製品ミニドローン13機種を一斉にご披露した。いずれも、189ドル以下の製品だ。〔両手のひらより小さなRolling Spiderは99ドル。〕

まず地上をジャンプするタイプのドローンJumping Sumo(下図スライド)は大幅にアップデートされ、LEDがついて夜間走行も可能、4GBのメモリにビデオを記録でき、“ブーストモード”では時速8mphまでいける。

クワッドコプター”Airborne”にもLEDがあり、前と同じく子どもたちがLEGOのアタッチメントとして遊べる。Parrotのセールス担当VP Mike Perezによると、このたびParrotは子どもたちにプログラミングを教えるTynkerやTickleとパートナーしたので、学校の科学の授業でミニドローンを利用できる。

“Hydrofoil”(上図)はその名のとおり、水中翼船にくっつけて飛ばせる。水面を滑空する速度は最大6mphだ。でもこれは、操縦が相当難しい。私の場合、プールの壁にぶつかってばかりいたけど。

上のビデオで、これらのミニドローンの実動ぶりが分かる。

  1. parrot-minidrone-jumping-race-drone-02.jpg

  2. parrot-minidrone-tablet-control-02.jpg

  3. parrot-minidrone-hydrofoil-01.jpg

  4. parrot-minidrone-hydrofoil-in-action1.jpg

  5. parrot-minidrone-airborne-night-drone-02.jpg

  6. parrot-minidrone-airborne-cargo-drone-01.jpg

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa