form 1
formlabs

プロ用の3Dプリンタに価格破壊競争が始まる…Form 1のそっくりさんが1500ドル弱

次の記事

医療系スタートアップのメドレーが三井住友海上、MRT、グリーから3億円を調達

上の画像、Riverside Photocuringの3Dプリンタの写真を見て、目の良い方は何かに気がついただろう。デザインのほとんどすべて(リムーバブルなビルドプレートからかっこ良いボタンに至るまで)が、もろに、Formlabs Form 1へのオマージュなのだ。ではRiversideの3Dプリンタは機能性能共にForm 1と互角なのか。でもお値段は、Form 1の3299ドルに対してRiversideは1480ドルだ

正常な市場なら、価格が下がることは良いことだ。かつて20ドルしたTシャツは、大量自動化生産により、2ドルでいくらでもたくさん買えるようになった。しかしテクノロジの世界では、価格の低下は危険な場合がある。それは、低価格化によってそのテクノロジがコモディティになるのではなく、低品質の粗悪品になる場合だ。Form 1の3300ドルが高いとは言わないが、いずれにしても研究開発費も含めてそれが同社の値付けのぎりぎりの線であるはずだ。一方Riversideは、Form 1を真似ることによって研究開発費を節約でき、さらにどこかを切り詰めることによって、1500ドルを可能にしたはずだ。

たしかにRiversideには、おもしろい機能もいくつかある。最大の改良点は、樹脂容器の内壁にフィルムを貼ることによって、その寿命を数週間ではなく数か月に伸ばしたことだ。Form 1が使っているシリコンは、それほど丈夫ではない。しかし使ってるソフトウェアはオープンソースだし、ケースのデザインは奇妙に幼稚で模倣的だ。それは、今市場に氾濫している“安物の”Androidタブレットやノートブックが、健全な競争を破壊し、タブレット市場におけるAndroidの評判を汚(けが)したことと、似ている。

安価な製品によって3Dプリントの利用が広まることを、阻止したいわけではない。低価格製品専門のメーカーなら、Riversideのこの製品を見てそそられるだろう。ただし、機能性能、使い勝手、デザイン、ユーザサポートなど、すべての面で、一般的には由緒正しいメーカーによる高価格製品の方が上だ。Riversideはすばらしい製品かもしれないけど、 大衆価格のFDMプリンタをいろいろ使ってきた経験者として言えば、価格があるレベルより下になると、品質はガタ落ちとなる。

formlabs

Formlabsのような由緒正しいメーカーも、今後は値下げが可能になるだろうが、しかし今の半額以下にはならないだろう。Form 1+は一般消費者とプロの両方が使えるという点で、ユニークなプリンタだ。ソフトウェアとハードウェアがしっかりしているので、意外なほど使いやすい。数か月後にAmazonに登場するRiversideは、低価格以外の訴求ポイントがない。まだ実際に触ったことのない者の個人的主観として現時点で言えば、使ってみてがっかりする人の方が圧倒的に多いだろう。

〔余計な訳注: 本誌またはそれ以外からの、良質公正なハンズオン記事を期待しましょう。〕

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa