Google Cloud上のアプリケーションを管理するGoogle Developers Consoleのモバイルアプリ(iOS/Android)が出た

次の記事

Energousのテクノロジーでスマホを二度と充電しなくても良い時代が近いうちにやってくる

GoogleのCloud Platformの上のアプリケーションの管理をしている人なら、Webから提供されるGoogle Developers Consoleをよくご存知だろう。これまではそれが、ユーザのシステムの健康状態を見るためのほとんど唯一の方法だった。でもこれからは、Cloud Platformのユーザは、Googleが提供するiOSとAndroid用のモバイルアプリで、Google App EngineやCompute Engineエンジンを使っているアプリケーションをリアルタイムで管理できる。

このアプリのAndroidバージョンのベータは、今年の初めに秘かにローンチされたが、今やGoogle Cloud Consoleアプリという正式の名前をもらって、iOSとAndroidの両プラットホームで一般公開された。

  1. vvkbdk_pm3d73byihly-5jvuttvhat9snxg7plntggyvvjc7gp_kyphfx4my7vgribmh900.png

  2. pngbase64112585ca891dbd77.png

  3. tq21jlbza4aznte5svw1c70hzc_98fwyjs3n24zg6yo5uho4mx4w9zwth5rigbdvsquh900.png

  4. xqdblfi5ilz4lpkxmx-gcgubrzmiuf5a8gtwxthdlwrdotgwygobomy2il1yxwslwwh900.png

デベロッパはこれらのアプリを使って、出先からでもCloud Platform上の自分のアプリケーションやサービスを簡単にモニタできる(CPU使用率や毎秒のリクエスト数、レイテンシ、ディスクやネットワークの状況、費用の推計など)。

またこのアプリから利用できるCloud Monitoringサービスを使うと、ユーザが独自に指定した測度をモバイル上で容易に追跡できる。

そのほか、異状が生じたらアラートが来るから、モバイル上で仮想マシンをリスタートしたり、同じくモバイル上でSSHを使うこともできる(ただしこちらは当面Androidのみ)。異状への対応が完了したら(orギブアップしたら)、インシデントステータス(事故状態報告)のアップデートもモバイルからできる。

 

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa