ipod touch
Apple

デジカメあるいはゲーム機、ないしは「何か魅力的なもの」としての「新」iPod touch

次の記事

久しぶりのニューバージョンRock Band 4ではフリースタイルのギター・ソロができる

Appleは、iPod touchがまだまだ魅力的なプロダクトとして存在し得ると考えているようだ。いろいろなアップデートを施して、新たなガジェットとして登場してきた。プロセッサーは新しくなり、またカメラおよびイメージングソフトウェアの性能も向上している。ゲーム用および写真撮影用のデバイスとしての魅力を高めたとも言えそうだ。

新しくなったポイント
iPodは新しくなると新しいカラーが登場することが多いが、今回もやはりカラーバリエーションが増えている。提供されるのはスペースグレイ、ブルー、ゴールド、ピンク、シルバー、および(PRODUCT)REDだ。新しく登場したのはピンク、ブルー、およびゴールドとなる。nanoおよびshuffleにも同じカラーモデルが投入される。ただしiPod nanoおよびshuffleのスペック等はこれまでのものと同じで、価格にも変化はない。

iPod touchに搭載されるプロセッサーは、iPhone 6に搭載されているのも同じA8となる。これまでのA5プロセッサー不満を感じていた人には嬉しいアップグレードだろう。これまでiPod touchのプロセッサーはiPhoneのプロセッサーの前世代のもの(以前は同世代のものが採用されていた)であるのが一般的となっていたので、同世代モデルとなるというのは大きな飛躍であると言えるかもしれない。バッテリー容量の少ないモデルで、A8の効率性を重視した転換であるともいえる。ただしクロックスピードについては明らかになっておらず、限界までの性能が引き出されているのかどうかは不明だ。

また今回のアップグレードは、Appleがタッチデバイスをすべて64ビット化しようとする流れの一環であるととらえることもできよう。非64ビットデバイスとしてはA6を採用しているiPhone 5cが残るのみとなる。利用者の視点からする効率性や動作性能の向上という意味ももちろんあるのだが、AppleとしてもApp Storeに登録されるソフトウェアが、すべてのデバイス上で動作するようになることを目指してもいるわけだ。

さらにA8では、開発者側が直接にグラフィックプロセッサーを活用することのできる「Metal」フレームワークを利用することができる。CPUが最大で6倍高速化したのにあわせ、GPUパフォーマンスを最大10倍にも高めることとなる。

さらにA8プロセッサーに加え、新しいiPod touchにはM8モーション・コプロセッサーも搭載されている。加速度センサーなどから得られる情報の記録をM8が担うことにより、メインプロセッサーを利用する場合にくらべてはるかに省電力となっている。この新iPodでは801.11acもサポートして、Wi-Fiの高速化も行なっている。

トータルで見たバッテリーの持続時間はこれまでのモデルと同等であるらしい。

iPodTouch-7Up-Accordian-PR-PRINT

Photopod

多くの利用者が注目したくなるのが、リアカメラの性能アップと、フロントカメラ制御ソフトウェアのアップデートだろう。

新しいリアカメラは8メガピクセルとなっていて、画像処理チップ(Image Processing Chip : ISP)も新しくなっている。ISPがiPhone 6と同じものであるのかどうかはわからない。しかし性能が向上していることは間違いないようだ。新たに採用されたパイプライン処理により、iPhone 6に搭載されているさまざまな機能がiPod touchでも利用可能となっている。リアカメラを使った「バーストモード」も10fpsで実現されている。さらに120fpsでのスローモーション撮影も行える。ビデオモードの手ブレ補正能力も進化しており、顔検出機能も新しくなっている。

前面カメラ側の解像度は変更されていない。しかしピクセルピッチが大きくなり、低照度の自撮り写真も美しく撮れるようになっている。前面カメラもバーストモードに対応し、さらにHDR写真、HDRビデオを撮すことができるようになっている。

iPod touchは16GBモデルが24,800円、32GBモデルが29,800円、そして64GBモデルが36,800円となっている。また新たに128GBモデルも投入され、こちらは48,800円の価格設定だ。16GBモデルと32GBモデルの価格差が少ないことを喜んでいる人も多いことだろう。

これからのiPodとは?

iPhoneが広まるにつれ、iPod touchの売上台数は低下する傾向にある。しかしAppleとしては依然としてこの分野に商機があると考えているわけだ。iPodの売上台数を検討もしないアナリストたちに否を突きつけたともいえそうだ。確かに、いかに売上が減少してしまったとはいえ、2015年Q1における「アクセサリーおよびiPod」カテゴリーでの売上額は26億8000万ドルにのぼっているのだ。

AppleはこれまでもずっとiPod touchの改良をすすめ、新しいiPodの可能性を世に問い続けてもいる。すでに「音楽再生専用機」としては、iPodを捉えてはいないようだ。ゲームおよびカメラとしての機能を前面に打ち出しつつある。こうした進化は確かに時代に応じたものであるように見える。個人的な話ながら、私の娘はiPod touchで、自撮り、ペット、家族写真、車のバックシートからの風景などの写真を撮りまくっている。iPodは昔、メディアプレイヤーとして受け入れられていたが、すでにiPod touchはカメラであると捉えている人も多いのかもしれない。

iPod touchはデジカメへと進化した。

デジカメでありながら、何千種類ものゲームを楽しむこともできる。

そんなわけで、iPod touchの競合がGameboyであると考える人もいるかもしれない。

それだけiPodの可能性が進化したのだと捉えることができよう。ケータイやスマートフォンも音楽プレイヤーとして機能する中、いまさら音楽再生専用機としての魅力を訴えても訴求力は低かろう。iPod touchは、デビュー当時のiPodのイメージを消し去りつつあるのだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H