コミコンにジャバ・ザ・ハットの宮殿の地下の怪物ランコアのハイテク・スーパー着ぐるみ登場

次の記事

Google、「Googleで買う」ボタンを発表―ワンクリックでモバイル広告から購入ページへ

サンディエゴで開催された今年のコミコンには例年どおり無数のダース・ベイダー、ボバ・フェット、ストーム・トルーパーが参加した。しかしジャバ・ザ・ハットの宮殿の地下に住む怪物ランコアのスーパーリアルで恐ろしげな着ぐるみはどれほどあっただろう?

1体だけだ! これはSFXアーティストのFrank Ippolitoとその仲間が作った。

Ippolitoたちはわれわれの友人でもあるTestedで1月かからずにこのコスチュームを仕上げた。

私が特に気に入ったのは、このデザインでは怪物の目玉が着用者の東部からは離れてしまうという問題の解決法だ。このままでは前方がよく見えず、壁にぶつかったり子供を踏みつけてしまったりする。そこで鼻の穴に小型のカメラを取り付け、着用者がヘッドマウント・ディスプレイでその映像を見られるようにした。

コスチュームを来て町を歩くのは4:30あたりから。しかしその前のメイキング過程も私にはたいへん面白かった。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+


【以上】