Google+ Photosが8月1日に閉鎖、Google Photosは存続

次の記事

Appleがフィアットの製造現場担当役員をスカウト、すでに電気自動車の製造ラインを構築中か?

これはプロダクトの名前をめぐる、ちょいとややこしいお話だ。

Google+ Photosは、GoogleのソーシャルネットワークGoogle+の写真共有機能だが、これが閉鎖される。

ただし、プラス記号のないGoogle Photosは、Googleが5月にローンチした無料無制限の写真ホストサービスだが、こいつは残る。

Google+ Photosが閉鎖されるのは8月1日。Googleによると、Androidバージョンがまっさきにご逝去、そのあと、WebとiOSバージョンがお亡くなりになる。

Google+ Photosの写真をGoogle Photosに移すツールをGoogleは提供している。Google+のアカウントの写真のページへ行ってみよう。その締め切りを過ぎてからでも、Google Takeoutを使えば写真を取り戻せる。

ではなぜ、Google+ Photos?を葬り去るのか? Google Photosがあれば、Google+ Photosは要らないし、残ってるとむしろ混乱を招く。写真をChromecastで見たり、PhotoSphereがサポートされるなど、Google+ PhotosにあってGoogle Photosにない機能もある。

しかし全体的に、機能はGoogle Photosの方がずっと豊富だ。単なる無料の写真共有サイトではない。このぼくの記事に、Google Photosのクールな機能をいくつか挙げておいたから、ご覧いただきたい。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa