mvno
carriers

Apple、無線通信事業参入の計画を否定

次の記事

写真やビデオ映像から前面の反射や邪魔者(物)を取り除く技術をGoogleとMITの研究者が開発

昨日、相当数の人々が、Appleは独自のMVNO(仮想移動体通信事業者)を試験中であると報じた。他の通信事業者から設備を借りて実質的にモバイルキャリアーになる方法だ。通話もテキストもデータも料金はAppleに支払う。素敵だ。

Appleオタクたちが、こうなりそうだと考えたのはこれが初めてではなく、MVNO特許を取得していたことが2011年に報じられた。

悲しいかな、Apple広報から入手した声明によると、それは起こっていない。

当社はMVNO事業参入を計画したことも検討したこともない。

声明には何の余地もない。よって…AppleのMVNOはない。

株式市場は、この否定報道に反応して3%安となった。モバイルキャリアーになることはロマンチックなアイデアだが、おそらく時間と金の無駄だ。実際、本紙のMatthew Panzarinoは、自分でやるよりキャリアーを買収する方が賢明だという結論に達した。一方Googleは、同社のMVNOプロジェクト、Project Fiを進めている

私は、AT&T、Verizon、T-Mobileを始めとする各社は、Appleの攻撃(およびそのマスマーケティングという武器)を避けなくて済むことを大いに喜んでいると想像する。何が言いたいかというと、噂されたバーチャルネットワークは真の意味でApple製ネットワークではないにもかかわらず、Apple製品の消費者たちはおよそ何にでもAppleに金を払うことに、何の抵抗もないということだ。

Appleファンには気の毒だが、受話器を取って他をあたってもらおう。

原文へ
 
(翻訳:Nob Takahashi / facebook