Teslaの車に自動で接続して充電する「ソリッド・メタル・スネーク」充電スタンドはガチだ

次の記事

家庭用アシスタント・ロボット、Jiboが日本へも―電通V、KDDI他からアジア展開のために1100万ドルを調達


今日はTesla決算発表で株価に乱調のある一日だったが、それで彼らがかっこいい発明品をみせつけるのを止めることはない。

今日、TeslaのCEOのElon Muskが以前にも言及したことのある新しい発明品のデモをツイートした。当時は、他のどのMuskのアイディア同様、またおかしなことを言っていると誰もが思っていた。

訳)ところで、私たちは金属製の蛇みたいな壁から自動的に出てきて車を充電する機械を作っているところです。ガチです。

そして、これが登場した。SF映画からそのまま持ってきたような技術の充電スタンドだ。 再生ボタンを押して全編見てみよう。蛇のような充電アーム(「ソリッド・メタル・スネーク」と呼ばれている)が、自動的に伸びて停車しているTesla Model Sにたどり着く。人は一切操作していない。

JetSnake」の技術にも似ているが、Teslaの方が断然かっこいい。

なんでか分からないが、既に35回ほどこの動画を見てしまった。読者の方も良ければどうぞ。

teslasnake

今日学んだことは?Elonが彼の会社が何かを作っていると言った時は、確かに何かを作っているということだ。Teslaの 自動運転車の連隊の可能性もガチなものなのか知りたい。

[原文へ]

(翻訳:Nozomi Okuma /Website/ twitter