Chaotic Moon、車椅子用フィットネストラッカーFreewheelを開発中

次の記事

カーテンもブラインドも不要、自動的に色合いを変える電脳ガラスViewが$150Mを調達

新しいタイプのフィットネストラッカーが出てきた。Freewheelは、Chaotic Moon Studiosが作った車椅子用フィットネストラッカーのプロトタイプだ。

テキサス州オースチン拠点のデザインスタジオは、最近Accentureに買収されたことでニュースを賑わせた。FreewheelはChaotic MoonのBASEイノベーションラボで作られたが、そのアイデアは同スタジオのコンテンツストラテジスト、Tyler Hivelyによるもので、彼自身が車椅子を使っている。チームは、製品開発中もHivelyの助言を受けたと言っている。

下のビデオでは、Freewheelの一端を垣間見られるとともに、製作の経緯についても聞ける。同社によると、装置は車椅子に取り付けられ、他のフィットネストラッカーでは無視できる要素が考慮されている。例えば、車椅子を動かすのに必要な筋肉や、路面や通路の状態などだ。

具体的には、Freewheelはホール素子センサー、気圧計、ジャイロスコープ、加速度計を使って、速度、加速度、距離、高度、および勾配を測定する。データ転送にはBluetoothを使用し、ウェアラブルデバイスと接続して心拍をモニターすることもできる。

Chaotic Moonによると、将来はこのデータを使って都市や山地の地表マップをつくり、車椅子以外の人たちも活用できるようにするつもりだ。サイクリストやハイカー、さらには店に行くのに一番歩きやすい道を探す人たちも利用できる。

「つまるところ、テクノロジーの目的は人々の生活を良くすること」とChaotic Moon CEOのBen Lamnがメールで言った。「Freewheelは、全く異なる種類の技術を、特定のユーザーの生活を改善するだけでなく、データ収集を通じて、何百万人もの人々の役にたつ方法で組み合わせる」。

さらにLamnは、Chaotic Moonが既に「特許手続きを終え」今後数カ月の間に製品を「洗練し完成度を高める」ことをつけ加えた。具体的な発売日程は考えていないが、「数カ月のうちに手に入ると考えてもらってよい」と彼は言った。

原文へ
 
(翻訳:Nob Takahashi / facebook