Macの上でWindows 10を動かせます

次の記事

画像とメッセージの組み合わせを無限に生成するInspiroBot(ときどき、おもしろいのがある)

AppleがBoot Campをアップデートしたので、Microsoftの最新のオペレーティングシステムを試してみたかった人は、それができる。それは、ぼくからもぜひ、おすすめしたい。

Appleのドキュメンテーションはここにあるが、簡単に言うと、2012年半ば以降のMacの上でOS Xの最新のビルドを動かしている人なら、それほど苦労せずにWindows 10を動かせる。

Windows 7やWindows 8.1が動いている人は、Windows 10へのアップグレードもできる。Windowsをインストールしていない人は、コードをMicrosoftから買わなければならないだろう。アップグレードは1年間無料でも、新規の導入は無料ではない。

Windows 10の“最終”ビルドの第一印象を本誌に書いたが、それはMacの上でも同じだ。・将来に関する大量の約束、・8や8.1よりは洗練されている、・デスクトップ重視への回帰。そして、・まだややバグがある。

以下の表はAppleが掲げるWindows 10(64ビット)互換機だ:

Screen Shot 2015-08-14 at 10.48.07 AM

Microsoftは早く10億台という閾値に達したいから、マシンはMacでも何でも大歓迎だろう。ソフトウェア企業も、コードが動きさえすれば、マシンは何でもいいはずだ。

今日(米国時間8/14)は金曜日だけど、デスクに座ってWindowsと戯れていたら、まじめに仕事をしてるように見える。かもね。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa