Bluetooth LEでプログラミングできるArduino互換ボードLightBlue Bean+、すでにKickstarterで大人気

次の記事

ひとのスマホを勝手にスワイプして勝手に写真を見てしまう無礼なやつに、そいつの自撮りマヌケ顔を見せつけるアプリNinja Snap

Arduinoのパワーに魅力を感じているけど、使いこなせるほど勉強してないし、創造力もWiFi接続も涸渇、というぼくみたいな人は、けっこう多いだろう。しかしLightBlue Bean+のおかげで、障害のひとつが取り除かれた。

Bean+はつまり、Bluetooth LEでプログラミングできるArduinoボードだ。Particleのボードみたいに、この小さなかわいいキットでユーザは自分のハードウェアプロジェクトを立ち上げることができ、そこにいろんな機能を加えることもできる。そして電源さえどこかにあれば、ボードにリモートでコマンドを送れる。だから、アプリケーションのアップロードや、システムのアップデートも比較的簡単だ。

このシステムはiOSやAndroidのビーコンとしても使えるし、またさまざまなセンサにアクセスさせてIoTデバイスを作ることもできる。プロトタイピングのためのボードだから意外なほど頑丈で、いろんな仕掛けがある。たぶん、どんな奇想天外なアイデアを抱えているハードウェアハッカーでも、不満を感じないだろう。

Kickstarterに出ており、発売は12月を予定している。目標は3万ドルだが、すでに11万ドルを超えている(日本時間8/22 18:45現在)。ハードウェアハッカーがぜひ手元に持っていたい素材だ、と思うね。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa