Samsung、「本気」と書いて「マジ」と読む乗り換えキャンペーンをスタート

次の記事

ディープリンクに第二のブームが訪れる…ここでもやはりコンテキストがすべて

iPhoneを使っている人に朗報(?)だ。Samsungの最新スマートフォンを、1ドルの費用で何の制限なしに30日間、試してみることができるのだ(アメリカでの話ではある)。

Android端末の全世界的な不調の波の中、Samsungも不調にあえいでいる。そこでSamsungは最大のライバルであるAppleの利用者に向けて、特別な優待を行うこととしたのだ。CNETで報じられているように、無制限データプランを使うことができ、利用しているキャリアにも無関係にオファーされているものだ。

Android陣営が不調にあえぐ中、Appleは順調で2015年Q3の営業利益は前年比で40%近くもアップして107億ドルにも達している。Samsungの方はといえばさまざまな数値がマイナスを示す状況となっている。Samsung Mobileの営業利益は昨年比で37.6%も下がり、49億ドルとなっている。利益率は10.6%だったが、これも2014年Q2の15.5%から大きく後退している。

Samsungは先週、iPhone 6やiPhone 6+に対抗するGalaxy Note 5およびGalaxy S6 Edge+を発表した。しかし価格面やデバイスの性能などの面から、Appleのブランド力や全世界から好評で迎えられたフラッグシップデバイスに対抗し得るかは疑問だという声も出ている。さらに、新しいiPhoneが来月に発表予定であるというのも、競争を難しくするだろうと見られている。

原文へ

(翻訳:Maeda, H