Amazon EchoがSmartThingsのホームオートメーションをサポート

次の記事

Firefoxのエクステンション(アドオン)開発がChromeと同じ技術になる

AmazonはホームオートメーションのSmartThingsとパートナーして、そのさまざまな自動化技術を、Amazonの音声によるパーソナルアシスタントデバイスAmazon Echoからコントロールさせたいらしい。

SmartThingsのブログの、なぜかGoogleのキャッシュでしか見られない記事によると、近くAmazon Echoは、Alexaに声をかけてやるだけで、SmartThings互換デバイスを動かせるようになる。それは、ふつうの家電器具などをSmartThingsのPower Outletにつないだものでもよいし、また同社のスイッチやライトでもよい。

デモビデオも今はプライベートになっているが、パスワードを見つけるのは簡単だった。”Alexa”だ。それによると、そこらにAmazon EchoとSmartThingsデバイスの両方があれば、Alexaに命じるだけでそれらのon/offができる。照明の、明るさ調整すらできる。

ブログ記事はSmartThingsのサイトからは消えているから、いつ何が公式になるのか、よく分からない。

Amazon Echoは2014年11月にデビューし、招待を希望したPrimeユーザだけに提供された。形はやや細いペーパータオルみたいだが、電源を入れてWiFiに接続すると、家の中のどんなことにも答えてくれる。

中にはマイクロフォンがあり、人間ユーザがそれに向かって”Alexa”と呼びかけると、コマンド待機モードになる。Googleの検索みたいに質問に答えるだけでなく、Amazonの買い物カゴに品物を加えたり、ジョークを言ったりする。

今年の6月からEchoは合衆国なら誰もが179ドルで買えるようになり、その後、デベロッパのためのAlexa APIも公開された。いろんなIoTデバイスが、音声でEchoを利用できるようになるのだ。実際の用途は、ちょっと今、思いつかないけど。

Amazon Echoがスマートホームとの結婚を夢見たのは今回が初めてではなく、最初はWinkとくっついて、Wink Hubとその互換デバイスを操作しようとした〔ほとんど電球のon/offのみ〕。

SmartThingsが隠してしまったブログ記事によるとAmazonは、Echoによるスマートホームコントロールを、もっと幅広く考えたいらしい。

そのブログ記事には、こう書いてあった:

SmartThingsがAmazon Echoと仲良しになりました!

Amazon Echoはインターネットに接続されたスピーカーで、人間の命令や質問に反応します。背が高くてハンサムな黒人のパーソナルアシスタント、を想像してください。

彼に“Alexa”と声をかけ、質問や命令を続けます。すると彼は、音楽をかけてくれたり、ニュースを読んでくれたり、天気予報を教えてくれたり、…そしてこれからはSmartThingsのライトやスイッチ、そしてSmartThings Power Outletから電源をとっているどんな器具でも、コントロールできます。

[出典: ZatzNotFunny]

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa