Gmail上のフライト時間、ホテル予約、チケット情報が自動でGoogleカレンダーに追加されるようになった

次の記事

お気に入りの「場所」をブックマークしておくためのMapstr、80万ドルを調達して新たな未来を画策中

フライト予定などのGmail内の情報は、これまでもGoogleの検索プロダクトから探すことができた。もう一つこのデータが表示されるのに理にかなう場所がある。そう、Googleカレンダーだ。

Googleは今日から、チケット、フライト、ホテルやレストランの予約などの情報をGoogleカレンダーに自動で入力する機能が利用できるようになると発表した。

例えば、出張のために飛行機の席、レンタカー、ホテルの予約をしたのなら、カレンダーの時間が空いている場合、それらの予定が追加される。午後4時のフライトや9時のレストラン予約といった具合だ。

png;base642463e1be32b500b

events-gmail-notice

この機能はデフォルトで使用できるが、Gmailの設定から止めることもできる。便利な機能ではあるが、誤った予定がカレンダーに入ってくるとやっかいだ。一度追加された予定は削除することができる。ただ、本来アラートが出るべきではない時にアラートが鳴り始めるまで、予定が入っていたことに気が付かないこともあるかもしれない。

Google Nowで「フライト時間はいつですか?」と聞くのが私のお気に入りのGmailデータの利用方法だ。Google Nowは、時間や役立つその他の情報を教えてくれる。Googleが多くのデータを持つほど、私たちの生活は少し楽にしてくれるだろう。

[原文へ]

(翻訳:Nozomi Okuma /Website/ twitter